イオンカード

イオンカードでキャッシングをする5つのメリットと利用方法

イオンカードは、全国のイオングループのお店をはじめ、提携店舗などで便利にお得に使えるクレジットカードです。

そんなイオンカードでは、ショッピングだけでなく、キャッシングをすることもできます。

急にお金が必要になった時にも、キャッシング枠があれば助けになりますので、キャッシングについて知っておくと便利です。

そこで、今回はイオンカードのキャッシングについて詳しく解説したいと思います。

スポンサーリンク

イオンカードでキャッシングをする5つのメリット

できることならキャッシングは利用したくないと思う人も多いと思いますが、上手に利用すれば、出費が多くて困っているときに助けになってくれますよ。

イオンカードでキャッシングを利用するメリットは5つあります。

1.急な出費でもいつものイオンカードで安心キャッシング

※画像は公式サイトより引用

予定外の急な出費で困ったな、、、というときに頼りになるのが、いつも買い物に利用しているイオンマークのクレジットカードです。

もともとイオンカードに付いているキャッシング枠を利用すれば、別途審査などが必要ないので、すぐにいつものカードでお金を用立てることができます。

2.全国15万台のATMでキャッシングOK

イオンカードでキャッシングをする際は、ATMから簡単に引き出すことができます。

イオン銀行のATMはもちろんのこと、コンビニATMなど、全国にある15万台もの提携ATMからキャッシングが可能です。

これなら、いつどこにいて急にお金が必要になったとしても安心ですね。

3.イオン銀行ATMなら利用手数料無料

イオン銀行ATMからキャッシングをする場合は、借入れやリボ払いの返済をする際の手数料が無料となります。

また、他の提携ATMの中で唯一無料で利用できるのが、ゆうちょ銀行ATMです。
ゆうちょ銀行なら全国のいたるところにありますので、ATMを利用する場合に、借入れやリボ払い返済時のATM利用手数料が無料なのは助かりますね。

他の提携ATMからキャッシングをする場合は、手数料がかかってしまいます。

ATM利用手数料

  • イオン銀行ATM・・・・ATM利用手数料無料
  • ゆうちょ銀行ATM・・・ATM利用手数料無料
  • その他の提携ATM・・・1万円以内108円、1万円超216円

4.ネットや電話でのキャッシングなら即時振込OK

ネットや電話からキャッシング申し込みをすれば、最短即時にカード設定口座へお金が振り込まれます。

カード設定口座がイオン銀行の場合は、24時間365日即時振込OKです。
カード設定口座がイオン銀行以外の場合は、平日8時59分までの申し込みは9時以降に、15時1分以降の申し込みは翌営業日に振り込まれます。

どの口座でも振込手数料は無料です!

なお、カードの登録内容とカード設定口座の口座名義人は同一でないと、振り込みができませんのでご注意ください。

ポイント

  • イオン銀行    24時間365日即時振込
  • イオン銀行以外
    平日0:00~8:59   当日午前中振込
    平日9:00~15:00  最短即時振込
    平日15:01~23:59  翌営業日午前中
    土日祝0:00~23:59   翌営業日午前中

5.リボ払いはATMから随時返済可能

キャッシングをリボ払いにした場合、もし余裕があって早めに返せそうなら、ATMから随時返済することができます。

これなら自分の都合に合わせて早く返済し終えることもできるので、安心してキャッシングできますね。

イオンカードのキャッシング利用方法

それでは、イオンカードでキャッシングをするには、どのような条件でどのようにお金を引き出し、どのように返済したらよいのか整理しておきましょう。

キャッシング枠はいくらまで?

イオンカードのキャッシング枠は最大300万円までで、人それぞれ利用限度額は異なります。

イオン銀行ATMでは1,000円単位で借り入れることができ、イオン銀行以外の提携ATM・CD、それにネットキャッシングや電話キャッシングでは、1万円単位でキャッシングすることが可能です。

金利手数料は高い?

イオンカードでキャッシングをする際の金利は、実質年率7.8%~18.0%です。

金利も人それぞれ異なります。

優待などがなく、初めて利用する場合は18%であることが多いので、18%だとすると金利は高めですね。

なお、金利とは別に、返済が遅れた場合の遅延損害金は、実質年率20.0%と定められています。

4つのキャッシング方法

キャッシングの方法はいくつかあり、ATM、ネット、電話、アプリを使ってキャッシングをすることができます。

ATMの利用方法

イオンカードは、イオン銀行のATMや提携金融機関のATM、コンビニATMなどでキャッシングをすることができます。

イオンマークの付いたカードと4桁の暗証番号を準備しておきましょう。

例えば、イオン銀行のATMを利用する場合、次のような手順で操作します。

  1. 「イオンカード」ボタンを押す
  2. 「イオンクレジット取引き」ボタンを押す
  3. 「お借入れ」ボタンを押す
  4.  暗証番号を入力する
  5.  支払方法を選ぶ(一括払いorリボ払い)
  6.  借入金額を1,000円以上で入力して確認ボタンを押す
  7.  金額を確認して現金とカードを受け取る

ネットキャッシングの方法

最短で即時振込してもらえるネットキャッシングは、MyPageにログインして手続きをします。

1.MyPageにログインして、サービスメニューの「ネットキャッシング」に進む

※画像は公式サイトより引用

2.利用可能額を確認

3.「ネットキャッシング手続きへ進む」をクリック

4.希望金額と支払方法を入力

※画像は公式サイトより引用

5.申込内容・カード設定口座の確認

6.カード設定口座に振込

電話キャッシングの方法

電話でのキャッシング申し込みは、24時間365日受け付けています。

  1. 電話をかける
  2. ガイダンスの途中で「0#」を入力する
  3. ショートカットキー「262#」を入力する
  4. 16桁のカード番号と4桁の暗証番号を入力する
  5. 希望金額と支払方法を入力する
  6. カード設定口座に振込
  • 固定電話の場合・・・0120-223-212(フリーダイヤル:無料)
  • 携帯電話・スマートフォンの場合・・・0570-064-750(ナビダイヤル:有料)

アプリでキャッシングする方法

スマートフォンアプリ「AEON WALLET」でもキャッシングの申し込みをすることができます。


※画像は公式サイトより引用

  1. まずは画面左上のメニューボタンをクリック
  2. 「ネットキャッシングのお申込み」ボタンをタップ
  3. 利用可能額を確認
  4. 「ネットキャッシング手続きへ進む」をクリック
  5. 希望金額と支払い方法を入力する
  6. カード設定口座に振込

柔軟に対応できる返済方法

イオンカードは原則、毎月10日までの利用分を翌月2日に、指定口座から引き落としにより返済をします。

返済方法は、1回払いまたはリボルビング払い(残高スライド方式)です。

残高スライド方式とは、利用残高に応じた一定額を、毎月を支払っていく方法のことをいいます。

加えて、以下の方法でも返済をすることが可能です。

リボ払いお支払い額増額サービス

リボ払いでは、自分の都合に合わせて金額を増額することもできます。

毎月の支払い額を、1,000円単位で増額することが可能ですので、借り入れ当初よりも余裕があるということであれば、毎月の支払額を増やすと早く返済し終えることができます。

ATMリボ払い返済サービス

リボ払いでのキャッシング利用分を、1,000円単位で提携ATMから返済することができます

毎月は無理だけど、余裕があるときは少しでも多く返したいという場合に便利ですね。

リボ変更サービス

こちらは、1回払いでキャッシングを利用した場合に、あとからでもリボ払いに変更できるサービスです。

一括払いできると思って借り入れたのに、急な出費で返済が厳しくなるということもありますよね。

そんなときにリボ払いに変更できるのは助かります。

まとめ

今回は、イオンカードでキャッシングをする5つのメリットと利用方法について解説しました。

いつも使っているクレジットカードでのキャッシングなら、改めて審査などが必要ないので、必要な時にすぐに使えて便利ですね。

イオンカードのキャッシングは、ATMだけでなくネットキャッシングや電話キャッシング、それにアプリでのキャッシングもできますので、自分に合った方法をお選びください。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
HAPPY

HAPPY

できるだけ美しく年を重ねるべく奮闘中のアラフォー主婦です。日々のおトクを求めて、さまざまなクレジットカードの特典やキャンペーン、ポイントを楽しみながら活用してきました。主婦だからって節約ばかりじゃつまらない!家計管理もクレジットカードを使いこなして楽しく美しく!

-イオンカード

Copyright© クレジットカードのおすすめ情報サイト|クレセツ , 2020 All Rights Reserved.