オリコカードザポイント

驚異のポイント還元! 年会費無料のオリコカードザポイントを使いこなす

2019年4月11日

クレジットカードを選ぶ要素はいろいろありますが、中でもショッピング利用によってポイントがどれだけ貯まるかは大事でしょう。

年会費無料でありながら、年会費を徴収するカードと比べたとしても、なお高いポイント還元率を誇るのがオリコカードザポイントです。

名前に「ポイント」を入れているだけあって、ポイントを貯めるのに特化したオリコカードザポイントの特長を、還元率を中心に見ていきましょう。

スポンサーリンク

オリコカードザポイントは年会費無料

クレジットカードの年会費は、掛かって当然だと思っている人も、無料で当然と思っている人もいるでしょう。

比較すれば、年会費が掛かるカードのほうが、ポイントが効率的に貯まるのではないかと思う人もいるかもしれません。

ですが最近では、「ポイントがよく貯まる」ことと、年会費の額との関係性は、すでにありません。

オリコカードザポイントは、年会費とポイントについて一言でいうなら、次のようなカードです。

年会費無料で、かつ業界最高クラスのポイントが貯まるカード

決して、

・年会費無料の割にはポイントがよく貯まるカード

ではありません。

価格.comのクレジットカードランキングでも堂々1位に輝くオリコカードザポイント。

年会費無料なので、試しに1枚持ってみてもいいのではないでしょうか。

ETCカードも家族カードも年会費無料

オリコカードザポイントの付属カードも、嬉しいことに年会費無料です。

ETCカードについては、年会費が無料でも発行手数料が必要というカードもあります。ですがこれも、オリコカードザポイントは無料です。

家族の買い物も、ドライブでの高速道路利用もすべて一本化してポイントに反映されますから、ぜひどちらも持ちましょう。

オリコカードザポイントのポイント還元率は1.0%以上

クレジットカードのポイントがどれだけ付くかを計る数値は「還元率」です。

貯まったポイントの金銭的価値が、ショッピング利用額の何パーセントあるかが、ポイント還元率です。

1.0%以上だと、優秀なポイント還元率です。

オリコカードザポイントもまた、基本のポイント還元率が1.0%です。ショッピング利用100円について、1ポイント(1円相当)が貯まります。

入会後6か月以内であればポイント還元率2.0%

さらにオリコカードザポイントの場合、入会後6か月間は、もともと高いポイント還元率がさらに高くなり、2.0%となります。

大きな買い物をすることが分かっている場合、このカードに入会してから使うといいわけです。

2.0%となる上限があって、5,000ポイントです。ボーナス分について5,000ポイントですので、カード利用金額でいうと50万円までOKです。

上限があるとはいえ、なかなか使い勝手があります。

さらにポイントが貯まるオリコモール

クレジットカード各社は、顧客囲い込みのため会員用のECモールを用意していて、オリコも例外ではありません。オリコモールを用意しています。

実際には、カード会社の独自のショップはあまりなくて、Amazonや楽天市場等のモールへの入口となるだけなのですが、ポイントが多く付くのですから必ず経由しましょう。

オリコのネットモールの場合、買い物をするモールによらずボーナスポイントは同じで、購入額の0.5%が付きます。

オリコポイントの交換アイテムは?

貯まったオリコポイントは、多くのアイテムに交換できます。

ただし、多くのクレジットカードと異なり、商品には交換できません。

オリコの場合、すべて換金性の高いアイテムとの交換になります。ですがこの点、マイナスと感じる人は少ないのではないでしょうか。実際、交換先自体は数多くあります。

ポイント還元率を考える際も、換金性の高いアイテムのほうがわかりやすいです。

さて、オリコポイントは、次の通り多くのアイテムに交換できます。

・JAL・ANAマイル
・Tポイント・dポイント等共通ポイント各種
・UCギフトカード
・電子マネーWAONポイント

・特定企業系列のオンラインクーポン

(Amasonギフト券、iTunesギフトコード、ファミリーマートお買い物券、すかいらーくご優待券等)

UCギフトカードのみ、交換手数料として1回ごとに500オリコポイントが必要で割高です。自分で使うためにギフトカードをもらうのはもったいないでしょう。

ちなみに、オリコポイントの交換商品は、形を持たないものがほとんどで、UCギフトカードは極めて珍しい「現物」商品です。

さて上記以外で、もっともポイント還元率の高くなるアイテムがあります。次にご紹介します。

最もポイント還元率が高くなる「オリコプリペイドカード」へのチャージ

オリコカードザポイントで貯めたオリコポイントの、最も金銭的価値の高くなる交換方法が、オリコプリペイドカードにチャージして、買い物に使うことです。

オリコプリペイドカードは年会費無料で発行してもらえます。

そしてこの交換方法は、オリコポイントの端数を残らず交換するためにも重要なのです。500ポイントが最低交換単位という縛りはあるものの、1ポイント単位で、1円として残らずチャージできるからです。

さて、オリコプリペイドカードの金銭的価値ですが、このプリペイドカードには、ショッピング利用の際、0.25%のキャッシュバックがあるのです。

つまり、クレジットカード利用の結果、1.0%以上の還元率で貯めたオリコポイントを、プリペイドカードで使うとさらに0.25%還元率が加算されるわけです。

ポイント交換時以外に、オリコカードザポイントからオリコプリペイドカードにチャージできますが、この際にはオリコポイントは付きません。

ですから、「クレジットカードをチャージ専門にして、プリペイドカードを普段使う」方法では得はしませんが、オリコポイントを使う際にはプリペイドカードが活きるわけです。

オリコポイントの有効期限は1年しかない・・・共通ポイントで回避!

ポイント付与率の極めて高い、オリコカードザポイントですが、欠点もあります。

それは、ポイント有効期間が1年しかないことです。年1回まとめての消滅ではなく、毎月貯まったポイントが、12か月後に消滅する仕組みです。

ポイント有効期限の短いカードでも、2年分ぐらいはまとめて貯めて、大きく交換できるものが多いのですが、それに比べるとオリコカードザポイントの「1年」というのは短いです。

ポイント有効期限が短いということは、つまりこういうデメリットとなります。

うっかり交換を忘れるとポイント全失効
・大きく貯めることはしづらい

このことは知っておきましょう。

ただ、ポイントを長く貯める方法については、以下の通りあります。「交換を忘れない限り」という条件はどこまでも付いてきますので念のため。

共通ポイントに替えれば大きく貯められる

現在、多くの業者にまたがって使える共通ポイントが世に多く存在します。

これら共通ポイントは、貯め続けている限りはポイントが失効しないものが多いです。有効期限があるdポイントも、有効期間4年と長いです。

1年しか貯められないオリコポイントからであっても、以下のポイントに目減りせず交換できるので、お勧めです。

年1回と言わず、忘れないうちにまとまったポイントを移せば、共通ポイントを大きく貯められるでしょう。

オリコポイントから交換できる共通ポイントは次の通り。

・Tポイント
・dポイント
・楽天スーパーポイント
・Ponta

いずれも、オリコポイント1,000ポイントにつき共通ポイント1,000に交換できます。

使いみちが思いつかないときは、共通ポイントを大きく貯めるといいでしょう。共通ポイントからさらに、アイテム交換もできます。

まとめ

ポイントの貯まり具合が業界トップクラスの、オリコカードザポイントを見てきました。

ポイント有効期限が短いデメリット以外は、メインで使える優秀なカードですし、共通ポイントを貯めるためのカードと考えればその弱点も薄められます。

しかも年会費完全無料です。

1枚持って、どうぞ有効活用してください。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
弁天小僧

弁天小僧

クレジットカードのあらゆるサービス(海外旅行傷害保険・キャッシング・ポイント・ETCカードほか)に精通しているライターです。 カーシェアや中古査定のお得情報、法律関係まで幅広く執筆中。

-オリコカードザポイント

Copyright© クレジットカードのおすすめ情報サイト|クレセツ , 2019 All Rights Reserved.