Amazonカード

Amazonマスターカードはキャッシュレス・ポイント還元制度の対象?詳しく解説!

2019年10月3日

2019年10月1日からスタートした「キャッシュレス消費者還元事業」。消費税の引き上げに合わせて開始され、消費の冷え込み対策とキャッシュレス決済の推進を目的に据えています。

クレジットカードや電子マネー、QR決済といったキャッシュレス決済を利用するとポイント還元が受けられるという事業で、これによって増税分を補うこともできます。

ただ、ポイント還元が受けられるキャッシュレス決済手段は、この事業に登録している必要があるため、自分が使っているキャッシュレス決済が登録済みかを確認する必要があります。

今回はAmazonマスターカードがキャッシュレス・ポイント還元の対象かどうか、どのような形でポイント還元を行うかなどを詳しく解説します。

スポンサーリンク

1.Amazonマスターカードはキャッシュレス消費者還元事業の対象!

「キャッシュレス消費者還元事業」は、キャッシュレス決済手段の推進と増税に伴う需要の平準化を目的に2019年10月1日から期間限定で開始されたポイント還元制度です。

対象となる「キャッシュレス決済手段」を対象となる「店舗」で利用することで5%もしくは2%のポイント還元が受けられます。

まず、対象となる「キャッシュレス決済手段」については、「キャッシュレス消費者還元事業」の公式サイトから確認できます。

「キャッシュレス決済サービスを探す」

主な決済手段としては、下記のものが該当します。

  • クレジットカード
  • 電子マネー
  • プリペイドカード
  • デビットカード
  • スマホ決済(QR/バーコード)

また、ポイント還元が受けられる店舗についても条件があります。対象店舗の種類によってもポイント還元率が異なるので見ていきましょう。

  • 中小店舗:5%還元
  • 大手チェーン参加のフランチャイズ:2%還元

この条件に当てはまり、事業に登録を行った店舗で指定のキャッシュレス決済を使えば、上記のポイントが還元されます。

三井住友カードの公式サイトで「Amazonマスターカード」が対象であることが確認可能!

Amazonマスターカードの公式サイトではキャッシュレスやポイント還元に関するリリースは行われていないため「対象外なのかな?」と思ってしまいますが、Amazonマスターカードはキャッシュレス消費者還元事業の対象決済手段に登録されています。

詳しくはAmazonマスターカードの発行元「三井住友カード」の公式サイトから確認できます。

「三井住友カード-キャッシュレス・消費者還元事業のご案内-」

こちらのサイトの「対象カード」の項目を確認します。

「クレジットカードの対象カード一例」 という部分をクリックすると対象のクレジットカード一覧が表示されます。その中にAmazonマスターカードが含まれています。

2.どう使えばお得?Amazonマスターカードの還元内容をチェック!

では、実際にAmazonマスターカードを使うと、どのような形で還元が受けられるのかについて詳しく把握していきましょう。

還元方法や時期、ポイント付与の上限など細かく設定されているので利用前に確認しておきましょう。

実施時期

2019年10月1日(火)~2020年6月30日(火)

還元対象となる取引

「キャッシュレス・消費者還元制度」に参加する店舗でクレジットカード、デビットカード、プリペイドカードによるキャッシュレス手段でのお買物が対象

還元率

中小企業・小規模事業者が運営する店舗  :カードご利用金額の5%
コンビニなどのフランチャイズチェーン店舗:カードご利用金額の2%

還元方法

ご請求額から減算

還元上限

1万5,000円/月

還元時期

ご利用日から2~3ヵ月程度

今回のキャッシュレス消費者還元事業では非常に多くの数の店舗が登録申請を行っているため、いたるところで還元が受けられるようになっています。

また、還元上限が15,000円/月と充実しており、仮に5.0%還元なら300,000円/月、2.0%還元なら750,000円/月までのお買い物が還元対象となります。

3.Amazonもポイント還元の対象!

Amazonマスターカードを対象店舗で使うと請求額からの割引という形で還元が受けられます。

さらには、「Amazonもキャッシュレス消費者還元事業の加盟店舗」であることも見逃せません。

厳密に言えば、Amazon内で商品を出品している事業者の中でキャッシュレス消費者還元事業に登録した店舗でお買い物をすると還元の対象となります。

商品ごとの見分け方については、商品ページの分かりやすい部分に「マーク」が表示してあります。

Amazonで利用する機会が多いAmazonマスターカードをよりお得に利用できるチャンスです。

4.結局、Amazonマスターカードの還元率はどれぐらいになる?

最終的なAmazonマスターカードの還元率をまとめていきましょう。

まず、キャッシュレス消費者還元事業の対象店舗でAmazonマスターカードを使った場合、2%もしくは5%の還元が受けられます。

そして、Amazonマスターカードでは、通常のカード利用に対して1.0%、Amazonでのお買い物に対して1.5%、プライム会員なら2.0%の還元が受けられます。(※Amazonマスターカード クラシックの場合)

これらを合計すると

  • キャッシュレス消費者還元事業:最大5.0%
  • ショッピングポイント:最大2.0%

最大7.0%の還元率が実現できてしまいます。

通常のクレジットカードではありえないほどの還元率が実現できてしまう今回のキャッシュレス消費者還元事業。仕組みを理解してお得に活用できるようにしましょう。

5.まとめ

Amazonマスターカードがキャッシュレス消費者還元事業の対象決済方法かどうかを調査していきました。最大7.0%の還元率を実現できてしまう非常にお得な制度になっているので、最大限活用して増税分を取り返していきましょう。

また、Amazonもキャッシュレス消費者還元事業に登録しているので、Amazonマスターカードを使えば、いつものネットショッピングをかなりお得にできてしまいます。

見逃すと損な事業が消費税引き上げと共にスタートしましたので、必ずチェックしておくようにしましょう。

-Amazonカード

Copyright© クレジットカードのおすすめ情報サイト|クレセツ , 2020 All Rights Reserved.