オリコカードザポイント

オリコカードザポイントで、ポイント有効期限を気にせずマイルを貯める!

年会費無料で驚異のポイント還元率を誇るクレジットカード、オリコカードザポイント

価格.comのクレジットカードランキングで1位なのもうなずけます。

このハイパフォーマンスのカード、実は航空会社のマイルを貯めるのにも向いています。

メインのカードにして、どんどんマイルを貯めてみましょう。

スポンサーリンク

マイルのおさらい

航空券のマイルは、世界中の航空会社にプログラムがありますが、ここでは国内大手のJALANAに絞ります。

オリコカードザポイントで貯められるのも、この2種類です。

搭乗の際、区間距離と搭乗クラスに応じてマイルが付与されるのが基本ですが、クレジットカードのポイントをマイルに交換することもできます。

あまり飛行機に乗る機会がない人でも、マイルを貯めている人は多くいます。いわゆる陸マイラーです。

貯まったマイルは様々な使いみちが用意されていますが、実際に航空券に引き換えるのが、金銭的価値も高くなる最もいい方法です。

マイルは大きく貯めれば貯めるほど、価値の高い交換方法となります。

マイルの金銭的価値

マイルの金銭的価値を計るのは簡単ではありません。使い方によって大きく変動するからです。

金券や電子マネーに交換するのではなく、実際に飛行機に搭乗するのが、もっとも割のいい使い方となります。

もっとも、マイルはある程度貯めないと価値が出ません。実際に中距離の搭乗券がもらえる、3~4万マイル程度は貯めたいところです。

少ないマイルしかないと交換しても価値が乏しく、場合によっては1マイルが1円に満たないこともあります。

一般的には、1マイル2円以上になれば、クレジットカードのポイントを電子マネーや金券に替えたときより有利に使えます。まずはここを目指しましょう。

ビジネスクラス、ファーストクラス等へのグレードアップは、さらに効率的で、場合によっては1マイル15円以上など、かなりの価値となる場合があります。

ただしマイルには有効期限があり、JALもANAも3年です。

大きく貯めたほうが価値も高くなるマイルですが、有効期間はネックです。

可能な限り、マイルに交換する前の段階(ポイント)で、大きく貯めておくのが有利な貯め方です。

オリコカードザポイントでマイルはどのぐらい貯まる?

オリコカードザポイントは、ポイントがよく貯まると評判の高いカードです。

ポイント還元率1.0%以上を誇るカードですが、この意味は、ショッピングに使った金額の、少なくとも1%分のポイントが付くということです。

オリコカードザポイントをショッピングに使って貯めたオリコポイントを、共通ポイントや金券と交換した際の価値が1.0%以上となるわけです。

それでは、オリコポイントを、JAL、ANAのマイルに交換したときの率はどのくらいでしょうか。

オリコ1,000p → ANA600マイル
オリコ1,000p → JAL500マイル

ANAの交換率のほうが高くなっています。

JALの交換率は、クレジットカードの交換先としてはごく普通です。

航空系でないクレジットカードで貯めたポイントをマイルに移行する場合、おおむね1円相当のポイントが、0.5マイルに交換できます。

航空系のクレジットカードを持ち、さらに年会費5,000~6,000円程度のプログラムに別途加入している場合(またはゴールドカード等上級カードを持っていて、高いカード年会費を払っている場合)だと、1ポイント1円の交換例がよく見られます。

オリコカードザポイントはマイルを貯めるのに向いている

1,000ポイントが500または600マイルへ交換できること自体を評価しますと、クレジットカードのポイントとしてはごく普通、または少々いい程度だといえます。

ですがこの段階よりも、前段階である、ポイントを貯める部分においてポイント付与率が高いので、マイルを貯めるためにもオリコカードザポイントは有利なわけです。

オリコカードザポイントのメリットはさらにあります。

ポイントをマイルに交換する際、1か月間のポイント交換額に制限が設けられている場合もあります。

せっかくポイントを大きく貯めても、物理的にマイルのすべて移し替えられない場合もあるわけです。

この点、交換制限のない、オリコポイントは有利です

オリコカードはポイント還元率が高い

オリコカードザポイントは、基本のポイント還元率が1.0%と、高付与率です。

ショッピングの利用額100円について、1ポイントが貯まるわけです。

しかも、オリコカードザポイントの場合、入会後6か月間は、還元率が2.0%となります。

この還元率の適用には上限がありますが、カード利用金額でいうと50万円と比較的高額です。

年会費無料のカードでマイルを貯めることについては、オリコカードザポイントの右に出るカードはないでしょう。

有効期限が大変短い点はマイル獲得には不利

先に書きましたように、マイルは大きく貯めたほうが有利ですが、一方では3年の有効期間があります。

ですから、できるだけポイントの有効期間ギリギリまで貯めておいてから移行したいところです。

ポイント還元率の高いオリコカードザポイントとはいえ、この点については不利です。ポイント有効期間が1年しかないからです。

マイルにまとめて移行したくても、1年間しかまとめられないのです。

ですが、少なくともJALについては、まったく損せず別の方法で大きく貯められます。

ANAについても、この方法を知っておいて損はありません。

共通ポイントを使って有効期限を延ばそう

ポイント有効期限が1年と大変短いオリコカードザポイントですが、共通ポイントを利用すると、ポイントが大きく貯められます。

共通ポイントは、業界をまたいで使えるポイントです。

オリコポイントは、以下の4大共通ポイントに、等価交換ができます。

  • Tポイント
  • 楽天スーパーポイント
  • dポイント
  • Ponta

これらのポイントはそれぞれ、有効期間が長いという特長があります。

dポイントを除く各共通ポイントは、使っている(貯めるか、使う)している限り、失効しない仕組みになっています。

dポイントには有効期間がありますが、「4年」とかなり長いです。さらに、手数料は掛かりますがPontaへの等価交換もできます。

Pontaからもdポイントに等価交換(手数料なし)で移行できますので、その気になればほぼ無限に貯められます。

そして、各共通ポイントから、ANAまたはJALのマイルへの移行ができるのです。

ANAなら、Tポイントか楽天スーパーポイント

共通ポイントは、JAL陣営とANA陣営に分かれています。オリコポイントから交換する時点で、最終的にどちらのマイルにするのか決めておきましょう。

Tポイント、楽天スーパーポイントからは、それぞれ次の率でANAマイルに交換ができます。

  • 1,000ポイント → 500マイル

オリコポイントから直接交換する場合は1,000ポイントにつき600マイルなので目減りしてしまいますが、ポイントを大きく貯めるための手数料と考えれば許容範囲ではないでしょうか。

オリコポイントからの直接移行も併用すれば、目減りを最小限にできます。

JALなら、dポイントかPonta

JAL陣営の共通ポイントはdポイントとPontaです。

次の率でJALマイルに交換できます。

  • 1,000ポイント → 500マイル

これはつまり、オリコポイントから直接移行する場合と同じ交換率です。

ですから、JALマイラーは、オリコポイントをdポイントかPontaに移し、大きく貯めてからマイルに移行するのが得だということになります。

まとめ

オリコカードザポイントは、ポイント有効期間が短いマイナス点があるものの、共通ポイントを上手く使うことで、マイルを貯めるためにも役に立つことがおわかりいただけたと思います。

大きく貯めて、1マイル2円を超える使い方をすれば、ポイントとして使うよりも有利です。

有効期間の長い共通ポイントの特長を活かして、さらに大きなマイルにすることもできます。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
弁天小僧

弁天小僧

クレジットカードのあらゆるサービス(海外旅行傷害保険・キャッシング・ポイント・ETCカードほか)に精通しているライターです。 カーシェアや中古査定のお得情報、法律関係まで幅広く執筆中。

-オリコカードザポイント

Copyright© クレジットカードのおすすめ情報サイト|クレセツ , 2019 All Rights Reserved.