イオンカード

イオンカードならふるさと納税でポイントも貯まって超おトク

ふるさと納税というと、なんとなく身構えてしまいハードルが高いという方もいます。

しかし、ふるさと納税はとてもおトクな制度ですし、実際にはそれほど難しいものではありませんので、ぜひやってみることをおすすめします。

そして、ふるさと納税の支払いをイオンカードにすればさらにおトクです。

ここでは、そんなイオンカードで支払うおトクなふるさと納税についてご紹介していきます。

スポンサーリンク

ふるさと納税はイオンカードで!

※画像は公式サイトより引用

ふるさと納税は、イオンカードで支払うとおトク感がありおすすめです。

そこでまず、ふるさと納税について簡単に説明したうえで、イオンカード払いがおトクな理由についてもご紹介しますね。

ふるさと納税とは?

「ふるさと納税」と呼ばれていますが、実はふるさと納税とは寄付のことなんです。

ふるさと納税という形で、自分が住んでいる市町村以外の市町村に寄付をすると、寄付をした金額から自己負担金(2,000円)を引いた額が翌年の税金から控除されます。

そして寄付をした市町村からは、お米やお肉など、希望した特産品が返礼品として送られてくるのです。

税金控除の上限額は、年収や家族構成、居住地によって異なりますが、自身の控除上限額をしっかりと把握して、控除上限内で寄付をすれば、自己負担金2,000円のみでおトクにふるさと納税をすることができます。

 寄付金ー自己負担金=税額控除+返礼品

例えば、5万円の寄付をするとコシヒカリ30キロの返礼品がもらえる市町村に、ふるさと納税をしたとします。

そうすると、5万円のうち48,000円が翌年の税金から控除されますので、2,000円の負担で5万円分の寄付ができるということになります。

なおかつ返礼品であるコシヒカリ30キロを受け取ることもできるのですから、これはとてもおトクですよね。

ふるさと納税の方法

ふるさと納税はどのように申し込めばよいのかというと、次のような手順で行います。

  1. 返礼品を選んで寄付を申し込む
  2. 返礼品を受け取る
  3. 寄付金受領証明書が届いたら寄付金控除手続きをする

寄付金の控除手続きは、次のいずれかの方法で行います。

  • 確定申告・・・所得税・住民税から控除
  • ワンストップ特例制度・・・住民税のみから控除

ワンストップ特例制度を利用できるのは、確定申告の必要がない給与所得者です。

寄付をした市町村に申請を出すだけでOKですので、別途確定申告をする必要もなく、これならとても簡単ですよね。

イオンカード払いがおトクな理由

※画像は公式サイトより引用

ふるさと納税はクレジットカードでできるのですが、クレジットカード払いならイオンカードをおすすめします。

なぜかというと、イオンカード払いならときめきポイントがもらえておトクだからです。

ときめきポイントは、通常200円(税込)につき1ポイントが貯まります。

イオンカードの3種類のポイント制度をお得に使いこなす方法
イオンカードの3種類のポイント制度をお得に使いこなす方法

イオンカードには、提携カードも含めるとたくさんの種類があり、クレジットカードとしてだけでなく、電子マネーWAONやWAON POINTカードが付いていたりします。 イオンカードセレクトについてはイオン ...

続きを見る

イオンカードならポイントザクザクのふるさと納税

そう、イオンカードでふるさと納税をすると、ときめきポイントが貯まっておトクなのですが、貯まるのは通常ポイントだけではありません。

今ならふるさと納税ポータルサイト「さとふる」で、ポイント大還元キャンペーン中です!

また、ときめきポイントTOWN経由でのふるさと納税でも、おトクにポイントが貯まります。

なお、イオンJMBカードの場合は、ときめきポイントの代わりにマイルが貯まるようになっています。

「さとふる」のキャンペーンでポイント最大20倍!?

※画像は公式サイトより引用

ふるさと納税ポータルサイト「さとふる」を利用した場合に、なんと、ときめきポイントが7倍、20倍になるキャンペーンを開催しています。

次の条件を満たすと、キャンペーンの対象となります。

  • 期間中にキャンペーンに応募する
  • ふるさと納税ポータルサイト「さとふる」を利用して寄付を申し込む
  • イオンカードでクレジットカード払いする

キャンペーン対象期間中のポイント還元は、期間によって異なりますが、特に1月はポイント20倍となっており、大変おトクです!

  • 2019年11月21日(木)~12月31日(火)  ポイント7倍
  • 2020年1月1日(水) ~ 1月31日(金)   ポイント20倍

ときめきポイントTOWN経由で還元率アップ!

※画像は公式サイトより引用

イオンカードでふるさと納税をするのであれば、ときめきポイントTOWNを経由すると、ポイント還元率が高くなります。

  • au Wowma!ふるさと納税・・・ときめきポイント3倍 → 8倍(2019年10月24日(木)から2020年1月2日(木)まで倍率UP!)
  • ふるさと納税サイト「ふるさと本舗」・・・ときめきポイント2倍 → 4倍(2019年9月19日(木)から2020年1月2日(木)まで倍率UP!)
  • ふるさと納税サイト「F-style」・・・ときめきポイント3倍
  • ふるさとプレミアム・・・ときめきポイント3倍
  • ふるさと納税「ふるなび」・・・ときめきポイント2倍
  • JTBのふるさと納税サイト「ふるぽ」・・・ときめきポイント2倍
  • ふるさと納税サイト「さとふる」・・・ときめきポイント3倍  ※前述の大還元キャンペーン参加なら7倍・20倍

イオンカードでふるさと納税をする際の注意点

イオンカードでふるさと納税をする場合には、気を付けておきたい注意事項がいくつかあるのでご紹介しておきます。

  • 「さとふる」のポイント大還元キャンペーンには応募が必要ですし、応募したらキャンセルはできません。
  • ときめきポイントが付与されないカードや、イオンデビットカードについては、キャンペーン対象外です。
  • キャンペーン終了間際でイオンカードを利用する場合については、請求明細への計上が間に合わずにキャンペーン対象外となる可能性があるため、ギリギリの利用には注意が必要です。
  • 控除上限額を超えると、自己負担金が2,000円以上になってしまうことがあるので、シミュレーションなどで控除上限額をよく確認しておく必要があります。

まとめ

今回は、イオンカードでの支払いがおトクなふるさと納税についてご紹介しました。

ふるさと納税とは寄付のことで、ふるさと納税をすると、2,000円の負担金を除く全額が税金から控除され、なおかつ返礼品がもらえますのでとてもおトクです。

そして、このふるさと納税をイオンカードで支払うと、イオンカードのときめきポイントも貯まってさらにおトクなのです。

しかも、今ならキャンペーンによりポイント大還元中です!

キャンペーンに参加して「さとふる」からふるさと納税をしたり、ときめきポイントTOWN経由でポイント倍率アップしているサイトを狙ってふるさと納税をすると、とてもおトクですよ。

ぜひ、イオンカードのキャンペーンを見逃さず、おトクにふるさと納税をして返礼品を楽しんでみてはいかがでしょうか。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
HAPPY

HAPPY

できるだけ美しく年を重ねるべく奮闘中のアラフォー主婦です。日々のおトクを求めて、さまざまなクレジットカードの特典やキャンペーン、ポイントを楽しみながら活用してきました。主婦だからって節約ばかりじゃつまらない!家計管理もクレジットカードを使いこなして楽しく美しく!

-イオンカード

Copyright© クレジットカードのおすすめ情報サイト|クレセツ , 2020 All Rights Reserved.