コンビニ

コンビニ別おすすめクレジットカード3選【セブンイレブン】

2020年2月28日

コンビニというと少額な買い物が多く、クレジットカードは使わないという人もいるかもしれませんね。

しかし、時代はキャッシュレス!

少額だろうが何だろうが、今は現金で支払うよりもクレジットカードや電子マネーで支払う方がお得です。

コンビニごとに、おすすめのクレジットカードがありますので、ここではセブンイレブンでの決済におすすめのクレジットカードをご紹介します。

スポンサーリンク

セブンイレブンなどコンビニでのクレジットカード払い

セブンイレブンなどコンビニでの支払いは、現金よりもクレジットカードがおすすめです。

クレジットカードで支払いをするメリット

セブンイレブンなどのコンビニでのクレジットカード払いも、キャッシュレス・消費者還元事業の対象です。

そのため、クレジットカードなどによりキャッシュレスで会計をするとその場で2パーセント還元してくれるので、現金払いよりもクレジットカードで支払う方がお得なのです。

コンビニの消費者還元はクレジットカードも対象ってホント?

2019年10月の消費税増税に伴い始まったキャッシュレス・消費者還元事業により、大手コンビニでは、キャッシュレス決済で2%を還元してくれます。 これを利用しない手はありませんよね。 ここでは、コンビニ ...

続きを見る

また、クレジットカードなら多かれ少なかれポイント還元があるものがほとんどですので、コンビニでの少額の買い物でもポイントがたまるというメリットがあります。

ポイント

  • クレジットカードで支払うとその場で2パーセント還元
  • クレジットカードにポイントがたまってお得

セブンイレブンでのクレジットカードの使い方

セブンイレブンでは、10,000円以下の買い物ならサインレスで買い物できます。

店員さんにクレジットカードを渡して決済してもらい、クレジットカードとレシートを受け取るだけで支払い完了です。

なお、10,001円以上の買い物をした場合は、暗証番号の入力かサインが必要になります。

クレジットカードの支払回数は1回払いのみです。

また、マルチコピー機での支払いや、金券類や公共料金等の収納代行、nanacoカードの購入・チャージなど、一部クレジットカードでは支払えないものもあるのでご注意ください。

どうしてもクレジットカードで支払いたい場合は、nanacoを利用する方法があります。

マルチコピー機や公共料金の収納代行などは、クレジットカードでは支払えませんが電子マネーnanacoでなら支払えますので、クレジットカードでnanacoに必要な額をチャージして支払うということが可能です。

コンビニでおすすめのクレジットカード3選【セブンイレブン】

セブンイレブンをはじめ、コンビニでは通常ほとんどのクレジットカードが使えます。

しかし、クレジットカードによってそのお得度は異なりますし、どのクレジットカードがお得なのかはコンビニによって異なります。

そのため、自分が最もよく利用するコンビニではどのクレジットカードがお得なのか知っておくといいですね。

では、セブンイレブンで利用するならどのクレジットカードがお得なのでしょう?

セブンイレブンでおすすめのクレジットカードを3つご紹介します。

  • セブンカード・プラス
  • JCBカードW
  • セディナカード

セブンカード・プラス

※画像はセブン・カードサービス公式サイトより引用

セブンカード・プラスは、通常クレジットカードの利用200円につきnanacoポイント1ポイント(=1円相当)がたまるカードです。

しかし、セブンイレブンなどのセブン&アイグループで利用する場合は、いつでも2倍のポイントがたまりますので、200円につきnanacoポイント2ポイントがたまってお得です。

また、nanacoへチャージする際にもセブンカード・プラスなら、200円につきnanacoポイントが1ポイントたまります。

セブンイレブンでセブンカード・プラスを利用  ⇒ 200円につき2ポイント
セブンカード・プラスからnanacoへのチャージ ⇒ 200円につき1ポイント

他のクレジットカードでは、nanacoへのチャージの際のポイントはたまりませんので、これは特別感がありますね。

※以前はリクルートカードからnanacoへのチャージでもポイントがたまりましたが、今はセブンカード・プラスだけですのでご注意ください。

セブンイレブンでは電子マネーnanacoで支払う人が多いですが、nanacoでの支払い時にもポイントが加算されますので、セブンカード・プラスからnanacoにチャージすれば、ポイントを二重取りできるということになります。

また、セブンカード・プラスは2020年から年会費も完全無料になり、さらにお得になりました!

カードの概要

  • 年会費・・・完全無料
  • 国際ブランド・・・ JCB、 Visa
  • 入会条件 ・・・本人または配偶者に継続して安定した収入がある18歳以上の方
  • 追加できるカード・・・ 家族カード、ETCカード、QUICPay ※一体型nanacoにはQUICPay機能なし

JCBカードW

※画像はJCB公式サイトより引用

JCBのポイントプログラムであるOki Dokiポイントは、通常クレジットカード利用合計額1,000円ごとに1ポイント(=5円相当)付与されることになっています。

これが、JCB CARD Wならいつでも2倍のポイントが付与されますので、1,000円につき2ポイントもらえます。

さらにJCB ORIGINAL SERIESパートナーになっている優待店で利用するとポイントが倍増します。

セブンイレブンもJCB ORIGINAL SERIESパートナーの一つですので、セブンイレブンでJCB CARD Wを利用すると、Oki Dokiポイントが3倍貯まり、とてもお得です。

例えば、セブンイレブンで2,000円の買い物をした場合、次のように合計8ポイントがたまり、通常ポイントの4倍ポイントがもらえることになります。

通常ポイント2ポイント + JCB CARD Wポイント2ポイント + JCBORIGINAL SERIESパートナーポイント4ポイント=8ポイント

つまり、セブンイレブンで2,000円分の買い物をすると、40円(=8ポイント×5円)還元されるわけですから、JCB CARD Wをセブンイレブンで利用する場合のポイント還元率は2パーセントということです。

カードの概要

  • 年会費・・・無料
  • 国際ブランド・・・ JCB
  • 入会条件・・・本人または配偶者に安定継続収入のある18歳以上39歳以下の方/高校生を除く18歳以上39歳以下の学生の方
  • 追加できるカード・・・ 家族カード、ETCカード、QUICPay

セディナカード

※画像はセディナカード公式サイトより引用

セディナカードには、わくわくポイントというポイントプログラムがあり、通常はクレジットカードの利用200円ごとに1ポイントがたまるようになっています。

それが、セブンイレブンで利用した場合には、いつでもポイント3倍で買い物をすることができるのです。

つまりクレジットカードの利用200円ごとに3ポイントたまるということですので、ポイント還元率は1.5パーセントということになります。

たまったポイントはnanacoポイントやnanacoカードに交換できますので、またこれを使ってセブンイレブンで買い物することも可能です。

カードの概要

  • 年会費・・・無料
  • 国際ブランド・・・ VISA、Mastercard、JCB
  • 入会条件 ・・・高校生を除く18歳以上で電話連絡が可能な方
  • 追加できるカード・・・ 家族カード、ETCカード、QUICPay

まとめ

ここでは、セブンイレブンでの決済におすすめのクレジットカードをご紹介しました。

コンビニでの買い物は、現金よりクレジットカード払いの方が断然お得です。

セブンイレブンでのクレジットカード払いもキャッシュレス・消費者還元事業の対象となっているため、その場で2パーセント還元されますし、クレジットカードのポイントプログラムでポイントを貯めることもできるからです。

セブンイレブンで、よりお得に利用できるクレジットカードをご紹介しましたので、ぜひ参考にしていただき、お得にセブンイレブンでの買い物をお楽しみください。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
HAPPY

HAPPY

できるだけ美しく年を重ねるべく奮闘中のアラフォー主婦です。日々のおトクを求めて、さまざまなクレジットカードの特典やキャンペーン、ポイントを楽しみながら活用してきました。主婦だからって節約ばかりじゃつまらない!家計管理もクレジットカードを使いこなして楽しく美しく!

-コンビニ

Copyright© クレジットカードのおすすめ情報サイト|クレセツ , 2020 All Rights Reserved.