コンビニ

コンビニでクレジットカードが使えないのってどんなケース?

コンビニでは、クレジットカードが使えるのは、もはや当たり前となっていますよね。

しかし、コンビニでも場合によってクレジットカードが使えないことがあるのです。

キャッシュレスの時代となり、現金をあまり持ち歩かない人も多いので、いざレジで使えると思っていたクレジットカードが使えないと困ってしまいますよね。

そこで、この記事ではコンビニでクレジットカードが使えないのはどのようなケースなのかまとめます。

スポンサーリンク

コンビニでは支払いにクレジットカードを使えないものがある!

そもそもコンビニには、クレジットカードでは支払えないものがあります。

コンビニによって多少違いはあるものの、クレジットカードが使えないのは主に次のようなものの支払いです。

  • 公共料金等の収納代行
  • コピーやファックスなど
  • 切手・印紙・ハガキ・年賀ハガキ
  • クオカード・テレホンカード・プリペイドカード・バスカードなど
  • ビール券・酒クーポン券など
  • 地区指定ゴミ袋・ゴミ処理券
  • その他金券等に準ずるもの
  • 各種電子マネーへの現金チャージ
スマートに支払える!コンビニでのクレジットカードの使い方

コンビニでの買い物というと、1,000円以下の少額な買い物で済むことが多く、クレジットカードを出すのをなんとなくためらってしまうという人もいるのではないでしょうか? しかし、何もためらう必要はありませ ...

続きを見る

物理的にコンビニでクレジットカードを使えないケース

コンビニでクレジットカードが使えないケースには、物理的な原因もあります。

  • クレジットカードの磁気不良やICチップ破損
  • コンビニ設置のカードリーダーの故障

クレジットカードの磁気不良やICチップの破損

クレジットカードの磁気不良やICチップの破損など、クレジットカードそのものに不具合がある場合には、カードリーダーがクレジットカード情報を読み込むことができないため、クレジットカードは使うことができません。

クレジットカードの磁気ストライプは、経年劣化により反応しなくなることもありますし、新しいものでもキツいカードケースで出し入れして擦れてしまうなどすると、簡単に反応しなくなってしまいます。

またICチップについても、誤って変形させてしまった場合など、破損により不具合が出てしまいますのでご注意ください。

ICチップは汚れにより反応しない場合もありますので、そのような場合には柔らかい布でそっと拭いてみるとよいでしょう。

クレジットカードそのものの不具合で使えない場合は、クレジットカード会社に連絡をして、再発行してもらってください。

コンビニ設置のカードリーダーの故障

一方、クレジットカード側ではなく、コンビニに設置されているカードリーダーに故障などの不具合がある場合についても、クレジットカード情報を読み取ることができないので、クレジットカードを使うことはできません。

これについては、コンビニ側が対処するしかないので、別のレジまたは別の店を利用するしかないですね。

クレジットカードの状況が原因でコンビニで使えないケース

さらに、クレジットカードの状況によってコンビニでもクレジットカードを使えない場合があります。

  • クレジットカードの有効期限切れ
  • クレジットカードの限度額オーバー
  • 延滞によるクレジットカード停止

クレジットカードの有効期限切れ

クレジットカードには有効期限があります。

有効期限の切れたカードを提示してしまうと、コンビニでももちろんクレジットカードで支払うことはできません。

有効期限は、クレジットカードの中ほどに記載されているので、カードを見ればすぐに確認できます。

通常は、有効期限切れになる前にクレジットカード会社から新しいカードが送られてきます。

うっかり新しいカードと差し替えるのを忘れていると有効期限切れになってしまいますので、新しいカードが送られてきたらすぐに差し替えましょう。

差し替えたら、誤って旧カードを使うことのないよう、すぐに旧カードにはハサミを入れて廃棄してください。

また、引っ越しをしたのに住所変更を忘れていると、有効期限が近付いても新しいカードが届きませんので、引っ越しをした場合は速やかに住所変更の手続きをしましょう。

たとえ郵便局で郵便物の転送の手続きをしていたとしても、クレジットカードは勝手に転送されないようになっていますので、住所変更の手続きをしていないとカードは届きません

クレジットカードの限度額オーバー

クレジットカードには限度額があり、限度額までの範囲なら、何度でも好きなように使えるのがクレジットカードの利点です。

つまり、限度額をオーバーするとクレジットカードを使うことはできません。

そのため、うっかり限度額をオーバーしていることに気づかないでいると、いざレジでクレジットカードを出したときに使えないということが起こります。

大きな買い物が続いたときはもちろん、リボ払いを利用している場合にも毎月の支払い額が少ないので、いつの間にか限度額に達していることがあります。

限度額オーバーを防ぐには、日頃から明細をこまめにチェックし、クレジットカードの利用状況を把握するようにしましょう。

延滞によるクレジットカード停止

クレジットカードが使えない原因として、最も注意しなくてはいけないケースは延滞によるクレジットカードの停止です。

クレジットカードの支払いを延滞してしまうと、カードは使えなくなってしまいます

延滞は、思っているより大ごとなのです。

クレジットカードの取引というのは信用により成り立っているので、約束の日までに利用した料金を支払わなければ、信用を失うことになります。

信用を失えば、クレジットカードを作ったり、お金を借りたりすることができなくなってしまうのです。

支払いが滞れば信用情報機関に登録されてしまいます。

いわゆるブラックリストというやつですね。

ブラックリスト入りすると、新しくクレジットカードを作ったりお金を借りたりすることが何年もの間できなくなってしまいます。

そのため、延滞による支払い停止は絶対に避けなければいけません。

引落口座がうっかり残高不足にならないよう、支払日の前には残高をチェックするようにしたいものです。

まとめ

今や、コンビニでクレジットカードが使えるのは当たり前のこととなりましたが、場合によっては、そんなコンビニでもクレジットカードを使えないことがあります。

そこでこの記事では、コンビニでクレジットカードが使えないのはどのようなケースなのかまとめました。

コンビニには、そもそもクレジットカードでは支払えないものがあります。

また、物理的に破損や故障などでクレジットカードを読み込めない場合もクレジットカードは使えません。

さらに、クレジットカードが有効期限切れになっていたり、限度額をオーバーしていたり、支払いを延滞しているといったクレジットカードの状況が原因で使えないこともあります。

ぜひこの記事を参考に、コンビニでクレジットカードを利用する際には、使えないケースも想定しながら、便利に使いこなしてください。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
HAPPY

HAPPY

できるだけ美しく年を重ねるべく奮闘中のアラフォー主婦です。日々のおトクを求めて、さまざまなクレジットカードの特典やキャンペーン、ポイントを楽しみながら活用してきました。主婦だからって節約ばかりじゃつまらない!家計管理もクレジットカードを使いこなして楽しく美しく!

-コンビニ

Copyright© クレジットカードのおすすめ情報サイト|クレセツ , 2020 All Rights Reserved.