イオンカード

イオンカードならWAON一体型がおすすめ!最強カードとは

提携カードも含めると、たくさんの種類があるイオンカードですが、中にはイオンの電子マネーWAONが一体となっているカードと、そうでないものがあります。

イオンカードを選ぶ際の基準として、WAON一体型かどうかというのは、一つのポイントとなります。

そこで、ここではWAON一体型のイオンカードとはどんなカードなのか、その魅力を伝えるとともに、WAON一体型の最強カード「イオンカードセレクト」についてもご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

そもそも「WAON」とは?

※画像は公式サイトより引用

「WAON」というのは、イオンが提供する電子マネーのことです。

WAONカードにお金をチャージしておくと、WAON加盟店で買い物をする際に、カードをかざすだけで決済をすることができます。そして、WAONで買い物をするたびにポイントもたまっていきます。

WAONカードへのチャージは現金だけでなく、イオンカードやイオン銀行、それにポイントからも可能です。

イオンカードの種類

イオンカードは、提携カードも含めると実にたくさんの種類のカードがあり、どれを選んだらよいのか迷ってしまいますよね。

一般的なクレジットカードの機能のみが搭載された、ノーマルなイオンカード(一般)もあれば、電子マネーWAONが一体化されたカードもあり、さらにはイオン銀行のキャッシュカードも搭載されているイオンカードセレクトといったものもあります。

また、イオン側からゴールドカードへのランクアップの案内が届いた方は、年会費無料でゴールドカードを持つことも可能です。

加えて、それぞれの提携先でおトクになる提携カードもたくさんあるのですが、提携カードについては、WAON一体型でないものが多いですね。提携カードの場合は、ゴールドカードへのランクアップもありません。

イオンカードの種類については、下記記事に詳しくまとめていますので、参考にしてみてください。

イオンカードを上手に選ぶには?あとから種類変更はできる?

イオンカードには、なんと55種類ものカードがあります。 スタンダードなイオンカードの他に、特定の店舗等でおトクに使える提携カードがたくさんあるからです。 今回はたくさんあるイオンカードの種類を上手に選 ...

続きを見る

WAON一体型ならオートチャージの登録ができて便利!

前述のとおり、WAONへのチャージ方法はいくつかあるのですが、オートチャージをすることもできます。

オートチャージとは、WAONにチャージされた金額が一定額を下回ったら自動的にチャージされるしくみのことです。

例えば、「WAONの残高が3,000円未満になるタイミングで、5,000円をオートチャージする」といった設定をあらかじめ登録しておくことができるのです。

オートチャージできるカードは、次のとおりです。

  • WAONカードプラス
  • イオンカード(WAON一体型)
  • イオンカード(WAON一体型/G.Gマーク付)
  • イオンカードセレクトなどです。

つまり、WAON一体型のカードならオートチャージができて便利だというわけです。

参考

◆WAONカードプラスとは

WAONカードプラスは、WAON一体型でないイオンカードを持っている方などが申し込めるWAONカードなのですが、発行手数料が300円(税込)かかりますので、最初からWAON一体型のイオンカードにした方がおトクです。

1枚で3つのポイントをためられるWAON一体型イオンカード

また、WAON一体型のイオンカードの魅力の一つは、イオンの3つのポイントを1枚のカードでためられるところです。

イオンの3つのポイント制度

イオンには3つのポイント制度があります。

  • クレジットカード払いでたまる「ときめきポイント」
  • カードの提示&現金払いでたまる「WAON POINT」
  • 電子マネーWAONの利用に応じてたまる電子マネー「WAONポイント」

なお、電子マネーWAONをイオングループ各店やWAON POINT加盟店で利用した場合は、電子マネーWAONポイントではなく「WAON POINT」がたまります。

これらのイオンカードの3つのポイント制度については、下記の記事で詳しく解説しています。

イオンカードの3種類のポイント制度をお得に使いこなす方法
イオンカードの3種類のポイント制度をお得に使いこなす方法

イオンカードには、提携カードも含めるとたくさんの種類があり、クレジットカードとしてだけでなく、電子マネーWAONやWAON POINTカードが付いていたりします。 イオンカードセレクトについてはイオン ...

続きを見る

WAON一体型のカードを選べば、これら3つのポイントを1枚のカードで上手にためることができて便利です。

WAON一体型の最強カードはイオンカードセレクト

※画像は公式サイトより引用

さて、WAON一体型のカードにもいくつか種類がありますが、その中でも最強のカードがこちらの「イオンカードセレクト」です。

イオンカードセレクトは三位一体

イオンカードセレクトには、クレジットカードとWAONが一体化されているだけでなく、イオン銀行のキャッシュカードも一体化されています。

そのため、これ1枚で3つの役割を果たしてくれるわけです。これなら財布の中にカードが何枚もあふれることなく、スマートに使うことができますね。

イオンカードセレクトならオートチャージでポイント二重取り

オートチャージできるのが魅力のWAON一体型イオンカードの中でも、イオンカードセレクトについては、WAONでの買い物だけでなく、オートチャージの際にも200円ごとにWAONポイントを1ポイントを獲得することができます。

オートチャージでもポイントを受け取れるのは、イオンカードセレクトだけです!

ただ、イオンカードセレクトのオートチャージの特徴は、クレジットチャージではないという点です。

事前にオートチャージの設定をしておくと、イオン銀行の口座残高から電子マネーWAONにチャージされます。つまり、自動的にイオン銀行の口座から引き落とされることになります。

WAONポイントはというと、1カ月あたりのオートチャージ利用合計額200円ごとに1ポイントが加算され、翌月17日以降にWAONステーションで手続きをすることによって、受け取ることができます。

注意!イオンカード発行時WAONのポイント移行は自分で!

さて、便利でおトクなWAON一体型のイオンカードですが、ウィークポイントがあるとしたら何でしょう?

それは、ポイント移行についてです。

クレジットカードには有効期限がありますので、イオンカードも有効期限が近くなると新しいカードが発行されます。新しいカードが発行された際に、WAON残高やポイントを新しいカードに移行する手続きを、自分でしなくてはいけないのです。手続きは、最寄りのWAONステーションで行います。

※画像は公式サイトより引用

ポイント移行手順

  1. 移行前のカードを所定の位置に置いてしばらく待つ
  2. メニュー画面から「各種設定・変更」を選ぶ
  3. 「新カードへの移行」を押す
  4. 新しいカードを置いてしばらく待つ
  5. 新しいカードを取り、移行前のカードを置いてしばらく待つ
  6. 移行残高を確認したら「アップロード」を押す
  7. 移行前のカードを取り、新しいカード置いてしばらく待つ
  8. 移行残高を確認したら「ダウンロード」を押す
  9. 利用可能残高とWAONポイントが表示されるので確認し、必要であれば「レシート」を押して完了

カードの再発行をした場合についても、同様に自分でポイント移行の手続きをしなくてはいけません。

再発行の場合は、「新しいカードへの移行」ではなく手順3で「再発行カードへの移行」を押しますが、他の手順は同じです。

まとめ

ここでは、WAON一体型のイオンカードとはどんなカードなのか、その魅力をお伝えし、また最強カードのイオンカードセレクトについてもご紹介しました。

WAON一体型のイオンカードの特徴は次のとおりです。

ポイント

  • WAONカードプラス発行手数料(300円)無料!
  • 電子マネーWAONのオートチャージが可能!
  • 3つのポイントを1枚のカードでためられる!

そのため、WAONを利用することが多いのであれば、断然WAON一体型のイオンカードをおすすめします。中でもイオンカードセレクトは、オートチャージでWAONポイント二重取りすることもできるので、とてもおトクですよ。

ぜひご利用ください。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
HAPPY

HAPPY

できるだけ美しく年を重ねるべく奮闘中のアラフォー主婦です。日々のおトクを求めて、さまざまなクレジットカードの特典やキャンペーン、ポイントを楽しみながら活用してきました。主婦だからって節約ばかりじゃつまらない!家計管理もクレジットカードを使いこなして楽しく美しく!

-イオンカード

Copyright© クレジットカードのおすすめ情報サイト|クレセツ , 2020 All Rights Reserved.