dカード

特典豊富!メリットだらけのdカードの作り方を紹介!

2019年4月2日

「dカード」はCMでも紹介され知名度も高い、NTTドコモが発行しているクレジットカードです。

dカードには他社とは違う特徴が多々あり、知っておくことでとても便利に利用することができます。

今回はdカードの特徴と作り方についてご紹介していきたいと思います!

スポンサーリンク

dカードの2つの特徴

dカードには大きく分けて2つの特徴があります。

持っておくだけでも便利なdカードの特徴を以下にまとめてみました。

クレジット決済でポイントが貯められる!

クレジット払いで買い物をすることで「dポイント」をどんどん貯まります。

特に、水道光熱費や毎月発生する支払いをクレジット決済にすると、ポイントがあっという間に貯まります。

100円ごとに1ポイントで「1ポイント=1円」で利用も可能です!

ローソンやマクドナルドなど有名加盟店が多い

数年前まで「dカード」「dポイント」はあまり知られていなかったり、ドコモユーザーのみが利用の仕方を知っている状況でした。

しかし現在は全国展開しているお店も加盟店に加わっていて、「マクドナルド」や「ローソン」など皆さんが行くことの多いお店でも使えるので利用しやすくなっています。

また、dショッピングといってdポイントが貯まる「ポイントモール」があり、キャンペーン中には最大20~50%還元があり、dカードを持っていることでカード利用分に対し1%のポイントがつくのも魅力的です。

加盟店は今後も増えると言われており、最近では宅配サービスでもdカードを使えたりポイントを貯めることが出来るようになってきています。

今後、消費税が上がることで宅配サービスの需要が高まると言われているので、先駆けしているdカードは今後よりユーザーが増えていくカードといっても過言ではないでしょう。

ドコモ以外でもOK!dカードの作り方

dカードは様々なクレジットカードの中でもメリット多数と言われています。

ドコモから発行されているクレジットカードなので、auやSoftbankユーザーは作れないと思われがちですが、他社ユーザーでも関係なく作ることが可能です。

ドコモユーザーでなくても、日々節約を考えている方にお得なカードになっています。

dカード徹底解説!他社ユーザーでもポイントは貯められる!

NTTドコモ系のクレジットカードであるdカード。 ドコモユーザーだけがお得なカードだと思って、利用をためらっている方多いのではないのでしょうか? ドコモユーザーに特典が多いカードですが、実は他社キャリ ...

続きを見る

店頭に行かなくてもWEBで簡単申し込み!

店頭に行く時間がない方や、面倒な方にも便利なのが「WEB申し込み」ができるという点です。

dカード、dカードGOLDは2種類ともWEBで簡単に申し込みができるので、画面に沿って入力作業を行えば10~15分ほどで申請することができます。

dカードとdカードGOLDの申し込みに必要なもの

dカード・dカードGOLDを作る際に、必要になってくるものがいくつかあります。

WEBで申し込む場合も、店頭で申し込む場合も事前に準備しておけば無駄な時間を省くことができ、スムーズに作ることができるので参考にしてみてください。

  • dアカウント
  • 支払い用の口座(通帳またはキャッシュカード)
  • 本人確認書類(運転免許証など)

dアカウントを持っていない方はネット上でも発行することができる「dアカウントの無料発行」を行い、作成しておきましょう。

本人確認書類は場合によって、後に免許証だけでなく他のものの提出を要請される場合があります。

例えば、源泉徴収票や収入証明証など収入がわかるものです。

また、dカードはポイントだけ貯めることもできますがクレジット機能がついているので、過去に他社のクレジットカードで支払いの遅延が起きていないか等調べることがあります。

ドコモユーザーはdカードGOLDがおすすめ!

「dカードGOLD」は一般的なクレジットカードの中のゴールドカードと同じものです。

一昔前は富裕層のステータスとして知られていたかと思います。

「dカードGOLD」は他社と同様に年会費10000円+税がかかるため「高い…」と懸念されがちなのですが、ドコモユーザーであればお得な要素がある1枚となっています。

特にドコモ利用料金やドコモ光を利用していると、1000円利用で10%ポイント還元されるため100ポイントが貰えます。

あっという間に年会費分を超えるポイントが貯まるのでお得です!

dカードGOLDを申し込む前に…

事前に用意しておくものの他に「銀行口座の届出印」も必要になってきます。

特にキャッシングの利用を考えている方は、収入証明証が重要で必ず必要になってきます。

WEBで楽々!dカードの作り方

「dカード申し込みサイト」を検索すると簡単に公式ページが出てきます。

メンテナンスを行っている時間帯もありますが、基本は24時間スマホやパソコンから申し込み可能となっています。

画面に沿って手続きを行っていきますが、15項目くらいの手順を踏んで完了となるので時間を確保して作成を行います。

新規入会の場合dアカウントが必要になるのですが、事前に用意していなくても公式サイトの入会ボタンからdアカウントを発行することができます。

アカウントを使って、申し込みを進めていくことになります。

画面の内容に沿って入力を進めていきますが、住所や電話番号や生計に関する事項や運転免許証などの番号を入力します。

この時にカードのブランドを選択するので(Mastercard/VISA)事前に考えておきましょう!

(スマートフォンからの入会画面)

 

WEB登録の注意点

支払い口座として希望している金融機関がネット対応していない場合、選択できないので確認をしておきましょう!

dカードはドコモショップでも申し込める!WEB以外の作り方

「WEBで登録して大丈夫なのかな…」と不安に思う方も少なくありません。

また、もともとネットが苦手な方にはWEB登録するのが難しいと思われるかもしれません。

そんな方には以下の方法での申し込みをおすすめします!

郵送で申し込み書を送る場合

公式サイト又はドコモショップなどから資料請求を行うことができ、郵送で申し込むことができます。

先述したように、事前に申し込みに必要なものを用意しておきましょう!

書類を数枚書いて郵送することを考えると少々時間がかかり、WEBでは審査時間が5分と言われているので早急に作りたいと思っている方にはあまりおすすめできません。

また、書いた内容が足りていなかったり間違えがあると、再度記入しなくてはいけないので郵送の場合はゆっくり時間をかけて記入することが大切です。

ドコモショップの店頭で申し込む場合

直接店頭に行き、その場で申し込む方法です。

郵送で申し込む場合と同様、事前に申し込みに必要なものを用意しておきましょう!

印鑑が必要な場合があるので、念のため持っていくとスムーズに進みます!

カードは後日郵送になりますが、調べてもわからないことや聞きたいことを直接聞くことができるメリットがあります。

dカードを作る上で不安な要素がある方は、ぜひ店頭に足を運んでみてはいかがでしょうか。

まとめ

今回はdカードの作り方について紹介しました。

他社にはないサービスや特典が充実しているので、持っていると便利な1枚となっています。

作り方も簡単なWEB申し込み方法から、郵送や店頭など申し込み方法も充実しています。

この機会に便利なdカードを1枚作ってみてはいかがでしょうか?

-dカード

Copyright© クレジットカードのおすすめ情報サイト|クレセツ , 2019 All Rights Reserved.