チェーン店

マックでお得に利用できるおすすめクレジットカード4選!

2020年1月31日

休日のマクドナルドでよく見る光景ですが、店内もドライブスルーも長蛇の列になっていますよね。

安くて子供も喜ぶメニューもあるので、ファミレスよりも気軽に行けて変わらない人気を誇るマクドナルドですが、長蛇の列はお客さんが多いのはもちろんのこと支払いに「現金」を用いている方が多いのも関係があるのかもしれません。

キャッシュレス決済が浸透し始めていますが、マクドナルドのフード料金はさほど高額ではないため「クレジットカードを使う必要はない」と考えている方も少なくないかと思いますが、実はマクドナルドで使うとお得に利用が可能なクレジットカードがあるのをご存知だったでしょうか?

支払いがスムーズになるのはもちろんのことポイントも貯められメリットもあり、現金払いをするよりもお得になるのです。

今回は、マクドナルドで使えるクレジットカードは豊富にあるのですが、その中から厳選して5つ紹介していきたいと思います!

スポンサーリンク

マクドナルドはクレカ全ブランド対応が強み!

マクドナルドといえば世界的に人気なファーストフード店ですから、使えるクレジットカードの国際ブランドは全て対応しているので日本で発行されている5ブランドと、観光客向けアメリカブランドの「Discover」を含めた全6種に対応しています。

使える国際ブランド一覧

  • JCB
  • VISA
  • マスターカード
  • アメリカンエクスプレス
  • ダイナーズ
  • Discover

マクドナルド全店が全ての支払い方法に対応しているとは限らない!

マクドナルドは、現金やクレジットカード以外にも電子マネー・スマート決済・コンタクトレス決済に対応しているのですが、店舗側で利用しているレジの違いや対応決済サービスの違いがあるので、利用している店舗で使いたい決済サービスが対応しているか不安な方は事前に確認しておきましょう。

では、以上を踏まえた上でおすすめのクレジットカードを紹介していきたいと思います。

ポイント2重取りが可能な「dカード」

マクドナルドで使えるクレジットカードとして、代表的なのが「dカード」と言っても過言ではないほど浸透しつつありますが、常にポイント還元率が2%という嬉しいクレジットカードとなっています。

マクドナルドは「dポイント加盟店」でdカードを提示することでまず1%、お会計時にdカードを利用することで1%のdポイントが貯まり合計で2%の還元率になるので、つまりdポイント2重取りとなります。

貯まったポイントは、マクドナルドでも使うことができ「1ポイント→1円」として利用可能です。

dカードの詳細

年会費 実質無料
ポイント還元率 1〜4%
追加カード 家族・ETCカード
ポイントプログラム dポイント
利用付帯 ショッピング保険

dカードのもう一つの特徴として電子マネーiDを搭載しています。

マクドナルドでもクレジット払いの他、iD決済にも対応しているので同じように2%分のdポイントを貯められます。

年会費は「実質無料」としていて2年目以降有料になってしまうのですが、年に一回でもカード利用すれば継続して2年目も年会費をかけず利用できるので、「実質無料」となります。

dカードに関しては、こちらの記事でも詳しく解説しています→

dカードにはランクアップした「dカードGOLD」があり、こちらもおすすめなので是非チェックして見てください→(dカードGOLD公式サイト

マクドナルド利用でポイント5倍!「三井住友カード」

三井住友カードは年齢や利用目的に合わせ、何種類かクレジットカードがありその中でも「三井住友VISAクラシックカードA」はマクドナルドで利用することでポイント5倍(還元率2.5%)の高還元率が魅力のクレジットカードになっています。

マクドナルドのみならず、セブンイレブン・ファミリーマート・ローソンでもポイント5倍で利用することが可能になっています。

三井住友クラシックカードAの詳細

年会費 1,375円(初年度無料)
ポイント還元率 0.5〜2.5%
追加カード 家族・ETCカード
ポイントプログラム ワールドプレゼントポイント
利用付帯 海外旅行・ショッピング

「ココイコ」という会員限定サイトがあり、利用することでマクドナル以外の店舗でも通常ポイントにキャッシュバックやポイントが上乗せされるサービスもあります。

お買い物をお得に楽しみたい方には、おすすめのクレジットカードになっています。

2%還元が嬉しい「楽天カード」

既に入会済みの方も多いかと思いますが、楽天カードは楽天市場のみならずマクドナルドでもお得に利用が可能です。

楽天ポイントの加盟店でもあるマクドナルドでは、楽天カード提示で1%・楽天カードで決済すれば決済ポイントとして1%の合計2%の楽天ポイントを貯めることが可能です。

もちろん楽天市場を利用すると「お買い物マラソン」の場合最大43%という驚くほどの還元率を実現することもあり、使い方次第でどんどんポイントを貯めることができるお得なクレジットカードです。

楽天カードの詳細

年会費 無料
ポイント還元率 1〜3%
追加カード 家族カード・ETCカード
ポイントプログラム 楽天スーパーポイント
利用付帯 海外旅行

マクドナルドでの利用もおすすめですが、ネットショッピングをよく利用する方は楽天市場でお買い物をすることでお得な特典がたくさんあるので、是非利用していただきたい1枚となっています。

楽天カードでは電子マネーサービス「楽天Edy」が搭載されていて、こちらの決済方法もマクドナルドで利用することが可能になっています。

1枚で3通りの支払い方法が選択できる「Orico Card THE POINT」

Orico Card THE POINTは標準でも高還元率のクレジットカードになっていて、利用可能店舗どこで利用しても常に1%以上のポイントを貯めることができます。

マクドナルドでも1%還元なのですが、入会後の半年間は還元率が2%になるのでポイントを貯めやすいこともあり、入会にはタイミングが大切です!

Orico Card THE POINTの特徴として、iD決済・QUICPayが両方標準で搭載されているのでマクドナルドで利用する際にクレジットカード決済と合わせると3通りの支払い方法を選択することが可能です。

Orico Card THE POINTの詳細

年会費 無料
ポイント還元率 1〜2%
追加カード 家族カード・ETCカード
ポイントプログラム オリコポイント
利用付帯 なし

Orico Card THE POINTには「オリコモール」といった専用サイトがあり、オリコモールを経由してネットショッピングをすると「特別加算対象」となり、オリコカードに比べお得にネットショッピングを楽しむことができます。

詳しく知りたい方はこちらの記事でも解説しています→

まとめ

今回は、利用する方が多いであろうマクドナルドで現金払いよりもお得に利用可能なクレジットカードを4つ紹介していきました。

それぞれマクドナルド利用でポイントをお得に貯められることができ、なおかつマクドナルド以外でも利用することでそれぞれお得な特典があるのが特徴です。

それぞれポイントプログラムが異なるため、ご自身で貯めやすく利用しやすいものを選ぶのもクレジットカードを入会する上で大切なポイントではないでしょうか?

ネットショッピングをよく利用する方は、ネットショッピングで還元率がさらに高くなるものもあり、利用次第ではポイントを大量にゲットすることもできます。

貯まったポイントは利用することも可能なので、普段マクドナルドで現金払いを選択している方もクレジットカードへの入会を検討してみてはいかがでしょうか?

-チェーン店

Copyright© クレジットカードのおすすめ情報サイト|クレセツ , 2020 All Rights Reserved.