楽天カード

楽天カードの超かんたん保険がかなり便利!日常で起こりうる負担を月数百円でカバーしよう!

2019年10月9日

楽天カードが最近提供したサービスに、「超かんたん保険」というものがあります。本記事を読んでいる方の中には、まだこのサービスを知らないという方もいるのではないでしょうか?これは楽天カードに付帯している保険をより強化させることができるものであり、非常に役立つサービスです。

本記事では、その超かんたん保険について「どのような特徴があるのか?」「どんなプランがあるのか」ということをメインにご紹介!超かんたん保険を知らなかった方も、検討中の方も是非参考にしてみてください!

スポンサーリンク

超かんたん保険って何?楽天カードを発行する前に覚えておこう!

楽天カードの超かんたん保険というのは2019年2月7日から開始されたサービスであり、日常の様々なトラブルに対応できる保険のことを指します。月額料金が掛かってしまうことで楽天カードの強みである「年会費無料」という点が無くなってしまうものの、それに見合った補償額ではあるため一度検討してみてはいかがでしょうか?

では、実際に楽天カードの超かんたん保険とはどのような保険なのかということについて見ていきましょう!

楽天PINKカードのように自由にカスタマイズできる保険

楽天カードの超かんたん保険とは、例えばYahoo!Japanカードのプラチナ補償や楽天PINKカードのカスタマイズ保険のようなもの。用意されている細かな9つのプランから好きなものを好きなようにカスタマイズすることができます。

保険というのはいざという時には役立つものの、プラン内容にあるような事故やトラブルに遭うリスクがほぼ無い場合には無駄に料金が掛かってしまうことになります。例えば、月500円の保険プランに加入した場合、何も無ければ1年間で6,000円、5年間で30,000円もの料金が無駄になってしまいますよね。

マルチに対応する保険プラン いくつもの状況に対応できるが、掛け金が高く無駄な費用が掛かってしまうリスクがある
細かく対応する保険プラン 対応できる状況は限られるが、生活する上で考えられるトラブルに対してピンポイントで付帯できる

もちろん保険はいざという時のために加入しておくものですが、例えばゴルフをしない主婦の方がゴルフプランに入る必要はありません。自分の生活スタイルに合わせて好きなようにカスタマイズできるというのは大きなメリットと言えるでしょう。

SPUで楽天市場での還元率がアップする!

楽天市場での還元率は「SPU(スーパーポイントアップ)」によって上げることができるのですが、その条件の1つに「楽天の保険を楽天カードで支払う」という項目があります。

「楽天の保険」の中にはもちろん超かんたん保険も含まれているため、超簡単保険に加入し楽天カードで支払うことで楽天市場での還元率が1%アップ!

よりお得に楽天市場でのショッピングを楽しむことができます。

楽天カードの超かんたん保険の3つの特徴!

では次に、楽天カードの超かんたん保険に見られる3つの特徴について見ていきましょう。超簡単保険は単に細かく分類されるプランを好きなようにカスタムできるだけではなく、他にも様々なメリットがあります。

超かんたん保険への加入を悩んでいる方は、是非こちらの特徴についても参考にしてみてください!

①超かんたん保険なら低コストで数百万円の補償が実現!

楽天カードの超かんたん保険を利用すると、月々数百円から保険に加入することができます。月々数百円ならそれほど大した補償ではないのでは?と思う方がいるかもしれませんが、例えば月々250円の「お買い物プラン」は最大補償額が100万円となっています。

また、その他の保険プランを見てみてもそのほとんどが最大100万円程度の補償額に!たった月数百円でここまでの補償をしてくれるのはありがたいですよね。

さらに超かんたん保険の強みはそれでだけではなく、個人賠償責任においてのみ補償額が最大1億円となっています!これは非常に大きな魅力ですよね。1億円の保険というのはプラチナランクのカードに付帯している保険と同様のものです。

②申込みの翌日から補償期間に!申込み直後のトラブルにも対応

例えば医療保険等では補償開始日のことを責任開始日と呼び、1回目の保険金が確認できてから補償が開始されることがほとんど。そのため、保険加入の契約をしたからといって翌日にトラブルがあったとしても補償対象にはなりません。

また、ペット保険のような医療保険以外のものであっても契約の翌日から補償が開始されることはなく、最低でも15日程度の「待ち期間」というものが存在します。

その点、楽天カードの超かんたん保険は「申込みの翌日から補償が開始」!非常にスピーディーな対応をしてくれるため、保険加入の翌日にトラブルがあったとしても補償対象となります。旅行プラン等も同様に翌日から補償が開始されるため、旅行前日に補償額を増やすこともできるでしょう。

③自分の生活に合ったプランを選びやすい

こちらは冒頭で軽く説明したことですが、楽天カードの超かんたん保険は保険プランの内容が細かいピンポイントのシーンに対応するものです。そのため、自分の生活上「トラブルが起きる可能性があるとされる」事柄に対して、好きなように保険プランを組み合わせることができます。

私は旅行へ良く行くし、普段から自転車に乗ることが多いから「旅行プラン」と「自転車プラン」を組み合わせるのがいいかな!

また、翌日から補償がスタートするため「近々旅行へ行く」「来週高額な貴重品を持ち歩く予定がある」等、短期間だけプランに加入したい場合も便利に活用できますね。

超かんたん保険の解約は月払いと年払いで異なる!

月払いで契約をした場合には、解約手続きの翌月27日までの保険料金を支払うことになります。例えば9月15日に解約をした場合、10月1日午前0時に解約となり10月27日に9月分の保険料金が引き落とされるということですね。

一方で、年払いで契約をした場合には解約手続きの翌々月の27日のカード請求に、残っている適用期間に応じた保険料金が充当されます。また、カード利用が無い場合には指定口座へ返金されるようになっています。

豊富で細かなシーンに対応!超簡単保険の9つのプランとは?

では次に、実際に楽天カードの超かんたん保険にはどのようなプランが用意されているのかについてご紹介していきます!楽天カードの超かんたん保険では9つの保険プランが用意されていますが、大まかに3つのジャンルに分けることができるため、それぞれのジャンル毎に見ていきましょう!

自転車プラン等日常の細かなシーンに対応

お買い物プラン「購入日から180日間、楽天カードで購入した商品の偶然な事故による損害を補償」

月額保険料金(年額保険料金) 250円(2,750円)
期間中限度額 100万円
1回あたりの限度額 10万円

自転車プラン「事故発生日から180日間、自転車事故による損害または賠償責任費用を補償」

月額保険料金(年額保険料金) 230円(2,510円)
死亡後遺障害保険金額 1,000万円
入院保険金日額 4,500円
通院保険金日額 2,000円
個人賠償責任保険金額 1億円

持ち物プラン「外出時の持ち物損害や、事故発生から180日以内の死亡後遺障害による損害を補償」

月額保険料金(年額保険料金) 200円(2,190円)
死亡後遺障害保険金額 70万円
携行品損害保険金額 20万円

こちらは、普段のお買い物や外出時に役立つ保険プランとなっています。自転車でお買い物に行った際に事故を起こしてしまった時や、購入したものが壊れてしまった場合に補償をしてくれるということですね。

ただし、自転車プラン以外の保険プランはあくまで購入品や携行品に対する補償であるため、死亡後遺障害等の補償については非常に薄くなっています。お買い物プランには付帯していませんし、もちものプランは僅か70万円しか補償されません。

死亡後遺障害による損害が70万円以内ということはほぼありえないため、事故に関与した場合の補償も欲しいという方は他の保険も組み合わせる必要があるでしょう。

旅行やゴルフの思わぬトラブルをサポート

旅行プラン「旅行のキャンセル費用や携行品損害、事故発生から180日以内の死亡後遺障害による損害、事故発生から1,000日以内の入院費用を補償」

月額保険料金(年額保険料金) 390円(4,190円)
キャンセル費用保険金額 20万円
携行品損害保険金額 10万円
死亡後遺傷害保険金額 100万円
入院保険金額日額 2,000円

ゴルフプラン「ゴルフ中の怪我や携行品損害、事故発生から180日以内の死亡後遺障害や個人賠償責任による損害を補償」

月額保険料金(年額保険料金) 430円(4,670円)
死亡後遺障害保険金額 127万円
携行品損害保険金額 10万円
個人賠償責任保険金額 1億円
ホールインワン・アルバトロス費用保険金額 10万円

こちらは旅行やゴルフに関する保険プランですが、日常の事故による損害に対しても補償してくれます。ゴルフプランに関しては、ホールインワン・アルバトロス費用も補償対象となっており、嬉しい気持ちのままゴルフを終えることができます。

ただ、旅行プランに関しては「旅行中の事故や賠償責任」を対象としているわけではなく、あくまでキャンセル費用がメイン対象となっている点に注意が必要です。個人賠償責任保険は付帯しておらず、また死亡後遺障害も僅か100万円までの補償となっています。

旅行に行く際に「これだけあれば安心!」といった内容ではないため注意しておきましょう。

個人賠償責任等の負担をカバーしてくれる

個人賠償プラン「個人賠償責任、事故発生から180日以内の死亡後遺障害による損害を補償」

月額保険料金(年額保険料金) 260円(2,870円)
死亡後遺傷害保険金額 423万円
個人賠償責任保険金額 1億円

怪我プラン「事故発生から180日以内の死亡後遺障害、入院、通院、手術による損害を補償」

月額保険料金(年額保険料金) 340円(3,710円)
死亡後遺傷害保険金額 100万円
入院保険金額日額 1,000円
通院保険金額日額 500円

※手術をした場合には入院中であれば入院保険金額日額の10倍、通院中であれば5倍を補償

怪我賠償プラン「個人賠償責任、事故発生から180日以内の死亡後遺障害、入院、通院、手術による損害を補償」

月額保険料金(年額保険料金) 620円(6,830円)
死亡後遺障害保険金額 114万円
入院保険金日額 1,500円
通院保険金日額 1,000円
個人賠償責任保険金額 1億円

※手術をした場合には入院中でれば入院保険金額日額の10倍、通院中であれば5倍を補償

充実補償プラン「怪我賠償プランをさらに充実させた保険プラン」

月額保険料金(年額保険料金) 1,790円(19,600円)
死亡後遺傷害保険金額 764万円
入院保険金額日額 5,000円
通院保険金額日額 1,500円
個人賠償責任保険金額 1億円

※手術をした場合には入院中でれば入院保険金額日額の10倍、通院中であれば5倍を補償

こちらは日常のトラブルによって怪我をしたり賠償責任が生じた場合に適応する保険プランです。個人賠償責任保険金額については軒並み1億円となっており安心できますが、やはり死亡後遺障害については多くても764万円までとなっています。

死亡後遺障害では1,000万円以上の支払いをしなければならない場合もあるため、完全に安心とはいい難いですね。ただ、一般楽天カードに1億円の個人賠償責任保険を付帯させることができるという点では非常に便利なプランです。

個人賠償責任のみをカバーする場合「月々260円で1億円の保険を組むことができる」というのは大きな魅力でしょう。

まとめ

本記事では、楽天カード超かんたん保険についてご紹介してきました。必ずしも付帯させなければならないものではありませんが、個人賠償責任費用に関しては非常に魅力的な保険だと言えます。個人賠償責任費用は想像の遥か上を行く可能性が大いにあるため、その点に関してだけしっかりとカバーするというのは重要ですよね。

楽天カードの付帯保険を強化したい方や、今後人生を送っていく上で安心感を高めたい方などは、是非楽天超かんたん保険を検討してみてはいかがでしょうか!

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
staff11

ぴくろ

東北出身の24歳フリーライター。ウェブコンテンツ制作に興味があり大学卒業後は内定を蹴りフリーランスとして活動。 クレジットカードや海外でのお金に関する話などを主に手掛けています。 将来的にサイトの運営や投資などの活動を目指して奮闘中。

-楽天カード

Copyright© クレジットカードのおすすめ情報サイト|クレセツ , 2020 All Rights Reserved.