Amazonカード

Amazonマスターカードは増税によってどう変わる?変更ポイントや注意点を把握しよう

2019年10月1日からスタートした消費税率の引き上げ

消費税率が8%から10%に変更され、身近なモノの価格が変化する中で徐々に慣れてきた人も多いのではないでしょうか。

軽減税率やキャッシュレス還元なども含めるとこの時期に行われた変化について複雑に感じる人もいるでしょう。

今回はAmazonマスターカードについて「増税」の影響を詳しくまとめていきます。

Amazonマスターカードを使う上で増税による変化はあるのか確認していきましょう。

スポンサーリンク

1.増税でAmazonマスターカードの年会費は値上げ

これまでAmazonマスターカードの年会費は税抜で表示されていたのですが、消費税率の引き上げに伴い税込表示に変わりました。

その結果わかりにくくなっているかもしれませんが、Amazonマスターカードの年会費は増税分の値上げとなっています。

Amazonマスターカード クラシック Amazonマスターカード ゴールド
増税前(8%) 1,350円(税込) 10,800円(税込)
増税後(10%) 1,375円(税込) 11,000円(税込)

増税による値上げを避けて料金を据え置きするサービスや商品も中にはありますが、基本的には上記のように増税分が上乗せされる形になっています。

年会費の請求がいつもと違う金額で来ると困惑するかもしれませんが、増税で値上げしたことを頭に入れておきましょう。

その他のスペックについての変更点などは特にありません。

2.Amazonマスターカードの「分割払い」や「リボ払い」は増税の影響を受ける?

クレジットカード関連で増税に関する疑問が集まったのが「分割払い」「リボ払い」についてです。

例えば、増税前に分割払いで購入した商品について、増税後に支払う分はどうなるのか。増税前→増税後に跨いでリボ払いを続けている場合にはどういう扱いになるのかなどです。

ここでは増税に関する「分割払い」「リボ払い」についての疑問に答えていきます。

消費税は商品の購入時点の税率が適用される

基本的に消費税については「購入時点」の税率が適用されます。

そのため、分割払いであってもリボ払いであっても、購入手続きを行った時点の税率が適用されるため、増税前後で分割払いやリボ払いが続いていたとしても影響は受けません。

これについては「経過措置(新制度への移行時に一時的な緩和を行うこと)」という解釈によって判断がなされています。

例えば、スポーツ観戦のチケットを考えてみた時に、前売りチケットの購入時点と試合日は別の日となります。

いわゆる「資産の譲渡」に該当するのは試合が行われる日なのですが、「経過措置」によって、チケットの購入日の税率を適用します。

そのため、チケットの購入日が増税前であれば、例えば試合日が増税後でも購入金額に課せられる消費税は増税前のものとなります。

こういったルールが国税庁によって定められているため「分割払い」や「リボ払い」においても、購入時点の税率が適用されることになります。

リボ払いの手数料は「非課税」

ここで疑問に残るのは、リボ払いの場合、商品の金額以外に手数料が課せられることがあります。

この手数料についてどのような扱いになるのかみていきましょう。

基本的にリボ払いで請求される手数料や利息については「非課税」となります。そのため増税前後であっても支払い金額に影響を及ぼすことはありません。

増税前後で買い物のタイミングを考えなければなりませんでしたが、基本的に分割払いやリボ払いについてはそこまで深く検討する必要はないようです。

3.キャッシュレス・消費者還元事業でAmazonマスターカードを賢く使おう!

増税に伴う需要平準化対策として同時期からスタートした「キャッシュレス・消費者還元事業」

キャッシュレス決済の普及も目的ではあるのですが、やはり利用者にとってみれば増税分をポイント還元でカバーできるというのが大きなメリットですよね。

Amazonマスターカードは「キャッシュレス・消費者還元事業」の対象クレジットカードとなっています。このカードを還元事業の対象店舗で使えば5%もしくは2%のポイント還元が受けられます。

Amazonもキャッシュレス・消費者還元事業の対象!お得なポイント還元をゲットしよう

Amazonマスターカードはキャッシュレス・消費者還元事業の対象決済手段となっていますが、実はAmazonの一部店舗についてもこの事業の対象になっています。

Amazonの商品ページに「5%還元」というマークが表示されている商品をキャッシュレス決済で購入すると金額の5%分が即時値引きされます。

さらに、AmazonマスターカードをAmazonでのお買い物で利用するとお得なポイント還元も追加で受けられます。

  • Amazonマスターカード クラシック(通常会員):1.5%
  • Amazonマスターカード クラシック(プライム会員):2.0%
  • Amazonマスターカード ゴールド:2.5%

「Amazonマスターカード」と「キャッシュレス・消費者還元事業」で還元されるポイントを合計するとかなりの還元率になりますね。

お得な使い方を理解してAmazonマスターカードを賢く使ってみましょう。

Amazonカードとキャッシュレス・消費者還元事業についてもっと詳しく知りたい方はこちらの記事を参考にしてみてください。

Amazonマスターカードはキャッシュレス・ポイント還元制度の対象?詳しく解説!

2019年10月1日からスタートした「キャッシュレス消費者還元事業」。消費税の引き上げに合わせて開始され、消費の冷え込み対策とキャッシュレス決済の推進を目的に据えています。 クレジットカードや電子マネ ...

続きを見る

4.まとめ

増税によって身の回りのさまざまなモノの価格が変化しています。自分に関わるものについては最低限どのような変化が起きているのかを把握してみましょう。

Amazonマスターカードでは年会費の値上げやポイント還元制度のメリットなど知っておくべき変化がいくつかありました。

変更点やお得な使い方を知って、賢く利用していきましょう。

-Amazonカード

Copyright© クレジットカードのおすすめ情報サイト|クレセツ , 2020 All Rights Reserved.