アメックス

宿泊以外でもお得に!SPGアメックスカードのレストラン特典

SPGアメックスカードには、ホテル宿泊時に利用できる特典がたくさん付帯しています。

関連記事
SPGアメックスカードはお得すぎる特典満載!ホテル利用の強い味方

2018年、SPG、マリオット 、リッツカールトンが合併し、名実ともに世界一となったホテルグループ。 そのグループホテルを利用する際に様々な恩恵を受けることの出来るSPGアメックスカード。 筆者もメイ ...

続きを見る

実はSPGアメックスカードは、普段から使えるレストラン特典も付帯しています。

今回の記事では、SPGアメックスカードに付帯するレストラン特典について詳しくご紹介します。

リワードプログラムの名称変更について

マリオット・SPG・リッツカールトン系列のホテルリワードプログラムが、2019年の2月に1つに統一されました。

それに伴い、新プログラム名はMarriott Bonvoyマリオットボンヴォイ)となりました。

なお、プログラム名は変更となっても従来のSPGアメックスカードでは引き続き同等の特典を受けることが可能です。

スポンサーリンク

SPGアメックスカードってどんな特典が付帯するカード?

今までの記事で何度もご紹介しているSPGアメックスカードですが、今一度どんなカードなのかを簡単にご紹介いたします。

スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カード

  • 年会費: 31,000円+消費税
  • 家族カード: 15,500円+消費税

なかなかに高額な年会費を誇るクレジットカードですが、それを上回る特典が付帯しています。

マリオットボンヴォイ ゴールドエリート会員資格が自動付帯!

SPGアメックスカードは、保有するだけでホテルの上級会員資格であるマリオットボンヴォイ ゴールドエリート会員資格が付与されます。

ゴールドエリート会員の主な特典内容としては、

  • 空き状況により部屋を無料アップグレード
  • アーリーチェックイン(12:00)およびレイトチェックアウト(14:00)が可能
  • ホテル利用時にボーナスポイントを獲得

などがあります。

関連記事
SPGアメックスカード公式サイトからホテル予約すべき3つの理由

皆さんは、旅行の際のホテル予約はどのようにおこなっていますか。 様々な価格比較サイトがある中、今回はSPGアメックスカードでホテル予約する際は公式サイトがおすすめな理由をご紹介します。 他にも、アメッ ...

続きを見る

SPGアメックスカードの家族カード発行はオススメできません

SPGアメックスカードの家族カードには、15,500円+消費税の年会費がかかります。

本会員の半額ではありますが、家族カード会員にはゴールドエリート会員資格が付与されません。

上級会員資格の自動付与は、ある意味SPGアメックスを保有するうえでの最大のメリットですので、それを受けられない家族カードの発行はあまりオススメできません。

なお、アメックスプラチナカードに自動付帯するマリオットボンヴォイ ゴールドエリート会員資格は、無料発行できる4枚の家族カード会員にも付帯します。

関連記事
アメックスプラチナカードに付帯する豪華レストラン特典5選

以前の記事で、アメックスゴールドカードに付帯するレストラン特典をご紹介しました。 コース料金が1名分無料になったり、世界中のレストランで無料のボトルワインや前菜などのサービスを受けられたりと、かなりお ...

続きを見る

SPGアメックスカードに付帯する2大レストラン特典!

SPGアメックスカードに付帯するレストラン特典は、2つあります。

  1. 国内の系列直営レストラン・バーで15%オフ (SPGアメックスオリジナル)
  2. 国内外の対象レストランで割引で15%オフ(マリオットボンヴォイ ゴールドエリート会員向け)

同じ15%オフの特典ですが、使える条件が異なります。

年会費が近いアメックスゴールドカード(年会費: 29,000円+消費税)のレストラン特典と比べると、かなり内容が異なりますね。

関連記事
コース料金1名無料も!アメックスゴールドカードでレストランをお得に

皆さんは、アメックスカードの特典をうまく活用していますか。 旅行時に活用できる特典が数多く付帯するアメックスゴールドカードですが、今回はレストランで活用できる特典をご紹介します。 普段から旅行に行く機 ...

続きを見る

SPGアメックスカードに付帯のレストラン割引特典をそれぞれ詳しくご紹介していきます。

SPGアメックスカードでのみ利用可能!国内すべての系列直営レストランでの割引

1つ目の特典は、SPGアメックスカードでのみ利用可能な割引特典です。

たとえ上位のアメックスプラチナカードや、マリオットボンヴォイのプラチナエリート以上の会員であっても、SPGカードがなければ利用することはできません。

こちらの特典の利用条件は以下の通りです。

  • 国内すべての系列レストラン内のレストラン・バーで利用可能
  • 飲食代金から15%オフ
  • アルコール飲料やアルコールを含むプランは割引対象外

特筆すべきは、国内のマリオット系列ホテルの直営レストランやバーであれば、どこでも利用が可能ということです。

先日筆者がウェスティン都ホテル 京都で食事をした際に、SPGアメックスカードの提示・決済で15%オフの特典を受けました。

ホテルレストランでの15%オフは結構な金額となるため、かなりありがたい特典の1つです。

ただし、アルコール飲み放題つきプランや、単品で注文したアルコール飲料等はすべて割引対象外となってしまいます。

そのため、バーでの利用の場合は食事のみの料金の割引になってしまうなど、特典の制約を受けることとなります。

ここがポイント

SPGアメックスカードのオリジナル割引特典は、

  • SPGアメックスカードにのみ付帯する
  • 国内すべての系列ホテルレストラン・バーで利用が可能
  • 国外の系列ホテルでは利用不可
  • アルコール飲料やアルコールを含むプランでは利用不可

SPGアメックスカード保有で、マリオットボンヴォイ ゴールドエリート会員の割引特典も利用可能

1つ目のSPGアメックスカードのレストラン特典は、SPGアメックスカードにのみ付帯するオリジナル特典でした。

しかし、次にご紹介する特典はマリオットボンヴォイのゴールドエリート会員が使える割引特典となります。

前述したように、SPGアメックスカードは保有するだけでマリオットボンヴォイのゴールドエリート会員資格が付帯します。

この上級会員向けに、ランクに応じた割引サービスが用意されています。

  • 会員およびシルバーエリート会員: 10%オフ
  • ゴールドエリート会員: 15%
  • プラチナエリート会員以上: 20%

割引率は上記の通りで、ゴールドエリート会員なら15%オフとなります。

これだけ見ると、1つ目にご紹介したSPGアメックスカード限定の特典と同じように見えますが、使える条件が少し異なります。

ゴールドエリート会員の特典利用条件

  • 国内外2,800軒以上の系列レストラン・バーで利用可能
  • アルコール飲料も割引の対象

マリオットボンヴォイ会員向けの割引特典は、国内だけではなく、国外のレストランやバーでも利用が可能です。

さらにアルコール飲料も割引の対象となるため、こちらはバーの利用時などに大活躍してくれますね。

なお、前述したようにアメックスプラチナカードも発行すると自動でマリオットボンヴォイ ゴールドエリート会員資格が付帯しますので、同じ特典を利用することが可能です。

関連記事
アメックスプラチナカードに付帯する豪華レストラン特典5選

以前の記事で、アメックスゴールドカードに付帯するレストラン特典をご紹介しました。 コース料金が1名分無料になったり、世界中のレストランで無料のボトルワインや前菜などのサービスを受けられたりと、かなりお ...

続きを見る

レストランでSPGアメックスカードに付帯している特典を利用する際の注意点

SPGアメックスカードに付帯の割引特典を2つご紹介しました。

これらの特典を利用する際は、いくつか注意点があります。

うっかりしていて、割引を受けられなかった…

ということがないようにしましょう。

宿泊を伴わないレストラン利用も、SPGアメックスカード割引特典の対象

ホテルのレストランと聞くと、宿泊をしなければ割引を受けられないようなイメージがあるかもしれません。

しかし、SPGアメックスカードに付帯する2種類の割引特典は、宿泊せずにレストランやバーのみを利用した場合も使うことが出来ます

このおかげで、SPGアメックスカードの割引特典が使える機会はかなり広がりますね。

なお、利用方法はお会計の際にSPGアメックスカードの提示・決済や、マリオットボンヴォイ ゴールドエリート会員の会員証を提示するだけです。

食事だけで系列ホテルのレストラン等を利用する場合でも、忘れずに割引特典を受けておきましょう。

ホテル宿泊時にレストラン割引を受ける際は、レストランで必ずカードの提示を

今度は宿泊を伴うレストラン利用時の注意点をご紹介します。

宿泊したホテルでレストラン等を利用する際、料金を部屋付にされる方は多いのではないでしょうか。

マリオット系列のホテルに宿泊時にレストランで割引を受ける場合は、必ずSPGアメックスカードをレストランでのお会計時に提示してください。

料金を部屋付にすると、その場はうっかりサインだけで済ませてしまいがちですが、そうなると割引は受けられません。

チェックアウトの料金精算時にSPGアメックスカードを提示しても、レストラン料金が割引になることはありません

宿泊をしてレストランやバーを利用する際は、必ずその場でSPGアメックスカードかマリオットボンヴォイのゴールドエリート会員証を提示しましょう。

特典と併用してマリオットボンヴォイ ゴールドエリート会員のボーナスポイントを獲得可能

SPGアメックスカードの特典で割引を受ける際は、あわせてボーナスポイントを獲得することが可能です。

獲得できるボーナスポイントは、会員ランクに関係なく1米ドルにつき10ポイントです。

こちらもお会計の際に、会員証を提示することで利用が可能です。

ただし、1回の利用が10米ドル以下の場合はボーナスポイントを受け取ることが出来ません

ラウンジでコーヒー1杯のみの利用などは、もしかしたらこれにあたる可能性もあるかもしれませんね。

新プログラムに変更にあたり、ボーナスポイントは一部改悪

旧プログラムでは、宿泊を伴わないレストラン利用に対してもボーナスポイントが付与されていました。

しかし、2019年2月にプログラムが統一されることで、会員ランクに応じたボーナスポイントが改悪となりました。

(旧)レストラン利用時獲得ボーナスポイント(宿泊なし)

  • シルバー会員: 1米ドルにつき11ポイント(10ポイント+10%)
  • ゴールド会員; 1米ドルにつき12.5ポイント(10ポイント+25%)
  • プラチナ会員: 1米ドルにつき15ポイント(10ポイント+50%)

今までは、宿泊を伴わないレストラン利用時でも、ランクに応じたボーナスポイントを獲得できていました。

(新)レストラン利用時獲得ボーナスポイント(宿泊なし)

  • 全会員: 1米ドルにつき10ポイント(ランクに応じたボーナスポイントなし)

※10米ドル以下の利用はポイント対象外

新プログラムに変更となり、ランクに応じたボーナスポイントおよび10米ドル以下の利用時のボーナスポイント付与が廃止となりました。

会員ランクが高い方ほど、今までと比べるとポイントの付与率が大幅に下がってしまう改悪となってしまったようです。

なお、宿泊を伴うレストラン利用に関しては、今まで通りランクに応じたボーナスポイントを獲得可能です。

まとめ

SPGアメックスカードは、宿泊時だけではなくレストラン利用時にも割引特典を利用可能です。

SPGアメックスカードオリジナル割引特典

  • 国内すべての系列ホテルレストラン・バーで利用が可能
  • 国外の系列ホテルでは利用不可
  • アルコール飲料やアルコールを含むプランでは利用不可

マリオットボンヴォイ ゴールドエリート会員割引特典

  • 国内外2,800軒以上の系列レストラン・バーで利用可能
  • アルコール飲料も割引の対象

割引率はどちらも15%と変わりませんが、利用できる条件が異なります。

利用する対象レストランや、アルコール飲料利用の有無に応じて、お得に特典を使い分けてみてください。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
OSA

OSA

20代後半の会社員。ブライダル業界でホスピタリティに触れ合った経験から、自身の生活にも「ホスピタリティ」や「クオリティ」を求めるようになる。 所有クレジットカードは20枚以上で、普段の生活から頻繁に使える特典や、さらにはちょっとラグジュアリーな非日常体験をするためクレジットカードを日々活用。 趣味の旅行をする際に真価を発揮する航空系やホテル系のクレジットカードをメインに使用。 さらにクレジットカードポイントや付帯サービスの最大限有効活用し、「賢くお得に豊かな人生を」がモットー。

-アメックス

Copyright© クレジットカードのおすすめ情報サイト|クレセツ , 2020 All Rights Reserved.