dカード

dカードの「iDキャッシュバック」って何?分かりやすく解説します!

2019年12月17日

dカードやdカードGOLDに入会し、新規で発行した際に貰えるのが「iDキャッシュバック」というもので、知っている方もいますがイマイチよく分かっていない方も多いようです。

仕組みがわかりにくいという声もありますが、内容を知ればかなりお得なサービスで使わないと損!な内容になっているのでせっかくdカード/dカードGOLDに入会したなら「iDキャッシュバック」について理解してほしいところです。

今回は「iDキャッシュバック」の分かりにくい仕組みを、分かりやすく解説していきたいと思います!

スポンサーリンク

なぜ「iDキャッシュバック」なの?

dカード/dカードGOLDに入会し、さらに利用することで貰える特典、それが「iDキャッシュバック」サービスになります。

dカードでは最大8,000円相当、dカードGOLDでは最大15,000円相当のiDキャッシュバックが貰えるので、金額にするとかなり大きくお得な特典になるのですがそのまま現金で貰えるわけではないのです。

『iD=電子マネー』つまり、電子マネーサービスであるiDによるキャッシュバックを行うサービスが「iDキャッシュバック」ということになり、キャッシュバックは電子マネーで貰えることになるのです。

ただしこのidキャッシュバックは入会だけではなく【エントリー】をしておかないと受け取れない特典もあり条件が満たされていないことになるため、エントリーを実施しているか確認しておくようにしましょう。

電子マネーiDはとっても便利だった!

電子マネーiDは、dカードを見ていただくと右上にあるiDマークが目印で、最初からついているサービスとなっています。

ドコモが発行している電子マネーサービスで、キャッシュレスが推進される中でどんどん使える加盟店が増え、画像のようなiDマークがあるお店では必ず利用することができます。

dカードminiって?iDも簡単に使える便利なカードの紹介!

「dカードminiってどんなサービスがあるんだろう?」 と気になった方が、今このページを読み進めているかと思います。 また、普段「dカード」は使っているけど「dカードmini」は聞いたことがない…なん ...

続きを見る

マクドナルドや大手のコンビニチェーンでも利用できるのが嬉しいですよね。

お会計の際に伝えるだけで簡単に利用可能!

購入したものをレジに持っていった際に「iDで払います」と伝えるだけで利用が可能になります。

利用できるiD加盟店では、iDを読み取るための専用端末がレジ前やレジ横に置いてあるので、dカードやアプリをかざすことで支払いが完了します。

ちなみに、iPhoneを使っている方はiDをApple Payに登録することができます。

iPhoneを持って出歩けば、大きな買い物がない限り財布もバッグもいらず、カードを持たなくても支払いができるので大変便利でストレスなく支払いを終えることができます。

iD払いはその場ではなく「後払い」

電子マネーサービスにも種類があり、有名なもので「nanaco」「楽天Edy」では残高から支払額が引かれていくのですが、ドコモが提供しているiDは後払いになっています。

iD払いを選択すると、請求の際にiDから支払代金に充当することで減額され、15日を締め日とし、翌月の10日にまとめて利用金額が引き落とされます。

iDキャッシュバックの受け取り方法は2種類!

ここまで、「iDキャッシュバック」とは何か、電子マネーiDの使い方について紹介してきましたが、今回一番お伝えしたいのはiDキャッシュバックサービスをどのように受け取れるのか・その使い道だと思います。

全くわからない方も、知っているけど利用していない方もお得なサービスなので受け取ることからはじめませんか?

iDキャシュバックを受け取る方法

  1. dカード又はdカードGOLD入会&ご利用キャンペーンで受け取る
  2. dポイントを交換して受け取る

1つ目の受け取り方法として、dカードやdカードGOLDで不定期で開催される「入会&利用キャンペーン」の特典としてiDキャッシュバックを受け取ることができます。

現在やっているキャンペーンの詳細はこちらから確認できます!

入会して少額でも利用すればiDキャッシュバックを受けられるのが嬉しいですよね!

注意点としてあげるとすれば、キャッシュバックを受けてから「有効期限」があり、使わなければそのまま流れてしまうことになります。

dカード公式サイトでも注意点としてあげているように、有効期限は6か月なので受け取ってからの期限最終日は覚えておくといいかもしれません。

dポイントと等価交換でiDキャッシュバックを受けられる

上記のiDキャッシュバックを受け取る2つ目の方法になるのですが、貯まったdポイントを2,000ポイント単位で2,000円分等価交換でiDキャッシュバックを受けることができます。

どちらかというと、1つ目のキャッシュバック方法を利用する方の方が多く、システム的にも分かりやすいキャッシュバックの流れになっているのではないでしょうか?

iDキャッシュバックの使い道はたくさん!

iDマークがついている加盟店では、どこでも使うことができるのでまずはご自身が行きたいお店にiDマークがあるかを確認しておきましょう!

レジ前や、お店の扉などに貼ってあることが多いのですが、とにかくiD加盟店がどんどん増えていることもありすべてのお店を紹介することができないのですが、一部を紹介したいと思います。

iDが使えるコンビニエンスストア

  • ローソン
  • ファミリーマート
  • セブンイレブン
  • ミニストップ
  • デイリーヤマザキ
  • セーコーマート 他

大体のコンビニでは使えることができるので、よく行くコンビニがあればそこでも利用することが可能です。

iDが使えるスーパー

  • イオン
  • マックスバリュ
  • まいばすけっと
  • ザビック
  • ドンキホーテ
  • ダイソー 他

イオン系列のスーパーの多くは利用可能なので、皆さんの身近にも使えるお店があるのではないでしょうか?

iDが使えるモール・百貨店

  • イオンモール
  • ららぽーと
  • 阪急百貨店
  • 阪神百貨店
  • グランフロント大阪
  • アクアシティ 他

注意点として、三越・伊勢丹・高島屋などは「dポイント」は使えるものの、iDは使えないので間違えないようにしましょう。

iDが使える飲食店・レストラン

  • はま寿司
  • かっぱ寿司
  • 牛角
  • ガスト
  • バーミヤン
  • CoCo壱番屋
  • すき家
  • マクドナルド
  • コメダ珈琲店
  • タリーズ
  • ミスタードーナツ
  • 白木屋
  • はなの舞
  • 和民
  • 笑笑 他

全国でチェーン展開しているお店も多くが利用できるので、旅先で慣れた味のものを食べたいと考えた時も使えるので嬉しいですよね!

iDが使えるドラッグストア

  • ツルハドラッグ
  • コクミン
  • マツモトキヨシ
  • ココカラファイン 他

iDが使えるジム

  • ルネサンス
  • ライザップ 他

キャッシュレスの波はスポーツジムにも拡大しており、大変便利な世の中になってきました!

iDが使える家電量販店

  • ビックカメラ
  • ヨドバシカメラ
  • Joshin
  • エディオン 他

もちろんドコモショップでも利用する子ができます。

上記以外でも、セルフ対応のガソリンスタンドなどでも利用することが可能なので、使えるお店の種類幅はかなりあります。

また、ネットショッピングにも利用することができますので、Amazonやゲーム関連のプレイステーションストアなどを利用する方もiDを使うことができます。

まとめ

今回は「iDキャッシュバック」が何かを紹介していきましたが、電子マネーであるものの現金のように使える便利な特典で、使えるお店も多々あるので活用しやすい嬉しいサービスとなっています。

他社のクレジットカードに入会しても、このような特典を行なっているところはそうそうないので、これからクレジットカードの入会を考えている方はdカード・dカードGOLDがオススメです。

受け取った「iDキャッシュバック」には有効期限があり6ヶ月となっているのでなくなってしまう前に、利用しましょう。

加盟店はどんどん増えていっているので、よく行くお店でも使える可能性があるのでぜひ確認してみてください!

-dカード

Copyright© クレジットカードのおすすめ情報サイト|クレセツ , 2020 All Rights Reserved.