ダイナースクラブカード

上手に貯めて上手に使う、ダイナースクラブカードのポイント活用術

2019年9月23日

ダイナースクラブカードをお使いの方は、ポイントをうまく活用出来ていますか。

今回の記事では、ダイナースクラブカードでポイントを効率的に貯める方法と、貯めたポイントをよりお得に利用する方法をご紹介します。

ダイナースクラブカードをお持ちの方はもちろん、これから取得を検討している方も参考にしてみてください。

スポンサーリンク

100円=1ポイント!ダイナースクラブカードのポイント還元率は1%

ダイナースクラブカードのポイントは、基本的に100円ごとに1ポイント(還元率1%)で貯まる仕組みになっています。

ダイナースクラブカード

  • 年会費: 22,000円+消費税
  • 家族カード: 5,000円+消費税
  • ポイント還元率: 1% (100円につき1ポイント)

今となっては年会費無料でも1%以上のポイント還元率を誇るクレジットカードが多数存在します。

ダイナースクラブカードのポイント還元率は可もなく不可もなくといったところでしょうか。

注意!100円未満の利用は切り捨てられ、ポイント還元対象外に

ダイナースクラブカードのポイントは、1回の利用ごとに100円につき1ポイント貯まります。

以前の記事でもご紹介したアメックスカードのように、端数は切り捨てられてしまいポイントの対象外となります

関連記事
知らなきゃ損!アメックスカードポイント活用の大原則

皆さんは、アメックスのクレジットカードをお持ちですか? アメックスのカードには、大きく分けて「プロパーカード」と「提携カード」の2種類が存在します。 プロパーカードとは、アメックスが発行する正規のクレ ...

続きを見る

極端な例にはなりますが、99円の決済を毎日おこなった月があった場合、ポイントは一切付与されず、還元率0%となってしまいます。

少額決済が非常に多い場合以外はそこまで気にする必要もありませんが、ポイントを効率よく貯めるには端数にも注意が必要です。

ポイントは期限無制限でじっくり貯めることが可能

ダイナースクラブカードのポイントは、有効期限がありません

他のクレジットカードの場合、有効期限が定められていたり、有料で期限を無制限にしたりするシステムがあります。

その点、ダイナースクラブカードの場合は最初から期限無制限で貯めることが可能です。

2018年に一部改悪!ダイナースクラブカードのポイント対象外・還元率半減の利用対象あり

基本的に100円につき1ポイント貯まるダイナースクラブカードですが、一部対象外の利用があります。

ポイント還元対象外

  • Edyチャージ
  • JR東日本モバイルSuica
  • キャッシングサービス、ローン
  • 年会費、各種オプショナルサービスの参加料

さらに2018年にダイナースクラブカードのポイント制度が一部改悪され、200円につき1ポイント(還元率0.5%)の利用が追加で設定されました。

還元率0.5%の利用

  • 電力会社
  • 水道局
  • ガス会社
  • 公金・税金
  • NHK受信料
  • 国民年金保険料
  • 医療用商材
  • カーディーラーにおける車両購入代金
  • 総合病院等大型病院 (2018年~)
  • 有料道路通行料金 (2018年~)
  • ETC利用料金 (2018年~)
  • 保険料 (2018年~)
  • プロバイダー等通信料 (2018年~)
  • 電話・携帯通話料 (2018年~)
  • 有料放送サービスおよびそれら加盟店の利用 (2018年~)

多くの固定費支払のポイント還元率が改悪された印象です。

今までダイナースクラブカードで固定費を支払っていた方は、設定の見直しが必要ですね。

ダイナースクラブカードで貯めたポイントのお得な使い道は?

還元率1%で貯めたダイナースクラブカードのポイントには、様々な使い方があります。

他社ポイントやマイレージに移行出来るほか、利用料金に充当することも可能です。

それぞれ詳しくご紹介していきます。

使い道は無限!ポイント・ペイでカード利用料金に充当

1つ目は、ダイナースクラブカードの利用料金にポイントを充当出来るポイント・ペイです。

ポイント・ペイ

ダイナースクラブカードの利用料金に、100ポイント=30円単位で充当できるサービス。

最低10,000ポイントから利用可能。

ポイント・ペイは、いわゆるポイント現金還元として利用することが可能なサービスです。

ポイントの汎用性がかなり高まるので、特に欲しい景品やマイルを貯めていない方にはオススメの利用方法です。

ただし、還元率は約0.3%(1ポイント=0.3円)と、非常に低くなってしまうため注意が必要です。

ダイナースグローバルマイレージに参加登録している場合は、ポイント・キャッシュバックの利用がお得

ダイナースクラブカードには、同じような料金充当プログラムであるポイント・キャッシュバックというサービスがあります。

ダイナースグローバルマイレージ(詳しくは後述)に参加している場合、ポイント・キャッシュバックで還元率0.5%(1ポイント=0.5円)でポイントを利用料金に充当が可能です。

ポイント・ペイに比べると0.2%還元率が上回るというわけですね。

ただし、最低利用ポイント数は10,000ポイントからですが、利用単位も10,000ポイントずつになるため、細かなポイント数設定は出来ません。

とは言え、ポイントの汎用性こそ高いものの、元の還元率の低さから使い勝手の悪いサービスだと言わざるを得ませんね。

ここがポイント

  • ポイント・ペイはあらゆる支払いに充当できるため、汎用性が高い
  • 還元率は約0.3%~0.5%とかなり低め

1ポイント=1マイル!ダイナースグローバルマイレージでポイントをエアラインマイルに等価交換

次にご紹介するのは、クレジットカードポイントのおなじみの交換先である航空会社のマイレージです。

ダイナースグローバルマイレージ

1ポイント=1マイルで、ダイナースクラブカードのポイントを以下の航空会社マイレージに移行可能。

  • 全日本空輸(年間上限40,000マイル)
  • デルタ航空(年間上限100,000マイル)
  • ユナイテッド航空(年間上限100,000マイル)
  • 大韓航空(年間上限100,000マイル)
  • アリタリア-イタリア航空(年間上限100,000マイル)

最低1,000ポイントから移行可能。

移行には年間参加費6,000円+消費税が必要

1ポイント=1マイルで交換出来るのは優秀ですが、ダイナースクラブカードの年会費とは別に毎年6,000円+消費税のプログラム参加費が必要となります。

とはいえ、マイルは利用する座席クラスによっては1マイル=数十円の価値になることもあります。

参加費を払ったとしても、ポイントをマイルに移行するのは十分お得な利用方法と言えます。

ここがポイント

  • 1ポイント=1マイルで等価交換可能
  • マイル移行には年間6,000円+消費税の参加費が別途必要

ダイナースクラブカードでポイントを貯めて、他社ポイントに移行可能

最後にご紹介するポイント活用方法として、ダイナースクラブカードで貯めたポイントを他社ポイントに移行するという方法があります。

ポイント移行

ダイナースクラブカードのポイントを、以下の他社ポイントに移行可能

  • Tポイント(2,500ポイント=1,000Tポイント/ 還元率: 0.4%
  • ANAスカイコイン(1,000ポイント=400ANAスカイコイン/ 還元率: 0.4%
  • スターバックスカードチャージ(5,000ポイント=2,000円チャージ/ 還元率: 0.4%
  • 楽天スーパーポイント(2,500ポイント=1,000楽天スーパーポイント/ 還元率: 0.4%

しかし、こちらもポイント利用方法としてはあまりおすすめできません。

ダイナースクラブカードのポイントを他社ポイントに移行する場合の還元率は、一律0.4%となります。

Tポイント、楽天スーパーポイントに関しては、年会費無料で100円につき1ポイント貯めることの可能なクレジットカードが存在します。

関連記事
Yahooカードなら毎日の買い物でTポイントをザクザク貯められる!

クレジットカードを選ぶ際に気になるのがポイント還元率です。 ポイントの還元率をウリにしたカードは多くありますが、「Yahoo!JAPANカード」はTポイントでの還元率の高さに特化したクレジットカードで ...

続きを見る

関連記事
楽天ポイントを損したくない方は必見!おすすめの活用法はコレ!

種類によって使い方が異なる?2種類の楽天ポイントを知っておこう 楽天ポイントの使い道について紹介する前に、知っておかなければならないことがあります。それが、楽天ポイントは以下の2種類に分けられるという ...

続きを見る

わざわざ高い年会費を払ってまで、還元率の悪いダイナースクラブカードでポイントを貯める必要はありません。

ダイナースクラブカードをメインで使い、エアラインのマイルは貯めていないが、ポイント・ペイよりはお得にポイントを活用したい!

という方は、他社ポイントに移行も検討してみるとよいでしょう。

ここがポイント

  • ダイナースクラブポイントを他社ポイントに移行する場合の還元率は0.4%
  • 年会費無料のクレジットカードを発行し、還元率1%で他社ポイントを貯める方がお得

ダイナースクラブカードのポイントモールを活用して、効率的にポイントを貯めよう

基本のポイント還元率が1%のダイナースクラブカードですが、特定の利用でポイント還元率を一気に上げることが出来ます。

ポイントモールを経由するだけでダイナースクラブカードのポイントが○倍!?

その方法は非常に簡単です。ダイナースクラブ ポイントモールを経由して、ダイナースクラブカードを利用するだけです。

一例ですが、ダイナースクラブ ポイントモールを経由して、ウイルスバスター製品を購入する場合、5,000円につき475ボーナスポイント獲得することが可能です。

5,000円購入=475ボーナスポイント+50通常ポイント=525ポイント(還元率: 10.5%

なんと、普通にダイナースクラブカードを利用する場合の10.5倍の還元率となります。

他にも、ポイントモールでのボーナスポイントは楽天市場一休.comなども対象となります。

対象サービスを利用する際は、是非モールを経由しておきましょう。

ポイントモールを利用する際は、ボーナスポイントかキャッシュバックを選択可能

ダイナースクラブ ポイントモールを利用する際は、ボーナスポイントかキャッシュバックを選択することが出来ます。

前述のウイルスバスター製品を購入する際、キャッシュバックを選択すると、

5,000円購入=50通常ポイント+9.5%(475円)キャッシュバック

を受けることが可能です。

キャッシュバックを選択して少しでも手出しを減らすことも可能ですし、貯めたボーナスポイントをマイルに移行すれば、数倍の価値として利用することも可能です。

ここがポイント

  • ダイナースクラブ ポイントモールを利用すると、還元率が上昇する
  • ダイナースクラブカードの利用が必須(他社クレジットカードは対象外)
  • ダイナースクラブ ポイントモールを利用する場合、ボーナスポイントの獲得かキャッシュバックを選択できる

まとめ

ダイナースクラブカードのポイントは基本還元率が1%です。

貯めたポイントは、以下の使い道から選ぶことができ、それに応じてポイントの価値が変動します。

  • カード利用代金に充当(1ポイント=約0.3円
  • 航空会社のマイレージに移行(1ポイント=1マイル) ※別途6,000円+消費税の年間参加費が必要
  • 他社ポイントに移行(1ポイント=0.4他社ポイント)

ご自身の貯めているポイントやマイルに合わせて、ダイナースクラブカードのポイントをうまく活用してみてください。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
OSA

OSA

20代後半の会社員。ブライダル業界でホスピタリティに触れ合った経験から、自身の生活にも「ホスピタリティ」や「クオリティ」を求めるようになる。 所有クレジットカードは20枚以上で、普段の生活から頻繁に使える特典や、さらにはちょっとラグジュアリーな非日常体験をするためクレジットカードを日々活用。 趣味の旅行をする際に真価を発揮する航空系やホテル系のクレジットカードをメインに使用。 さらにクレジットカードポイントや付帯サービスの最大限有効活用し、「賢くお得に豊かな人生を」がモットー。

-ダイナースクラブカード

Copyright© クレジットカードのおすすめ情報サイト|クレセツ , 2020 All Rights Reserved.