ダイナースクラブカード

【改悪】ダイナースクラブカードのマイル移行レートが悪化!今から対策をはじめよう!

ダイナースクラブカードの改悪が続いています。

短期間に大きな改悪が目立ちますが、今回も改悪の影響を受ける方は多くなることが予測されます。

今回の記事では、2020年2月1日から実施されるダイナースクラブカードポイントのマイル移行に関する改悪、今後の対策についてご紹介します。

スポンサーリンク

ダイナースクラブカードのポイント→マイル移行レートが大幅に改悪

ダイナースクラブカードを利用して貯めたポイントは、航空会社のマイルに移行することが可能です。

ダイナースクラブカード

  • 年会費: 22,000円+消費税
  • 家族カード: 5,000円+消費税
  • ポイント付与率: 1% (100円につき1ポイント)

ダイナースクラブカードは、基本のポイント付与率が1%で、貯めたポイントを1:1のレートで以下の航空会社マイルに移行可能です。

  • 全日本空輸
  • アリタリア-イタリア航空
  • 大韓航空
  • ユナイテッド高級
  • デルタ航空

マイル還元率1%のクレジットカードということで、改悪前のレートは決して悪いものではありません。

ダイナースクラブカードで貯めたポイントで交換できるマイルが半減!

ところが、2020年の2月1日以降、ダイナースクラブカードのポイントをマイルに移行する際のレートが変更になります。

~2020年1月31日

  • 1ポイント=1マイル(還元率1%/ 1,000ポイント~)

2020年2月1日~

  • 1ポイント=0.5マイル (還元率0.5%/ 1,000ポイント~)

なんと、移行レートが半分まで下がります。

先日もご紹介したように、いろいろな改悪が相次いでいるダイナースクラブカードですが、今回はかなりインパクトのある改悪と言えます。

関連記事
【改悪】ダイナースクラブカードのポイント制度が改悪に!変更点と今後の対策は

カード利用100円につき1ポイント貯まり、さらに貯まったポイントは様々な特典に交換できるダイナースクラブカード。 付与率1%のクレジットカードとして、ポイントの利率的にも普段使いに耐えうるカードですが ...

続きを見る

ダイナースクラブカードポイント→全日本空輸(ANA)のマイル移行は改悪の対象外

今回の改悪でレート影響を受ける航空会社のマイレージプログラムは以下の4社です。

  • アリタリア-イタリア航空
  • 大韓航空
  • ユナイテッド航空
  • デルタ航空

幸いにも、ANAのマイル移行に関しては今回の改悪対象外となります。

ただし、2018年の改悪によりANAマイルの年間以降上限は40,000マイルまでとなりました。

徹底的にANAマイルを貯めたい場合は、やはりサブカード等の検討が必要と言わざるを得ません。

一部改善も?マイルの年間移行上限が引き上げに

今回の改悪に伴い、ポイントをマイルに移行する際に一部改善された点もあります。

それは、ANA以外の航空会社にマイルを移行する際の年間上限です。

各航空会社のマイル年間移行上限

~2020年1月31日

  • アリタリア-イタリア航空:100,000マイル(100,000ポイント分)
  • 大韓航空:100,000マイル(100,000ポイント分)
  • ユナイテッド航空:100,000マイル(100,000ポイント分)
  • デルタ航空:100,000マイル(100,000ポイント分)

2020年2月1日~

  • アリタリア-イタリア航空:120,000マイル(240,000ポイント分)
  • 大韓航空:120,000マイル(240,000ポイント分)
  • ユナイテッド航空:120,000マイル(240,000ポイント分)
  • デルタ航空:140,000マイル(280,000ポイント分)

それぞれの航空会社で、20,000~40,000マイルの移行上限数引き上げの改善がなされました。

とはいえ、マイル移行レート改悪のインパクトが強すぎるため、劇的な改善とは到底呼べません。

ここがポイント

  • 2020年2月以降、ダイナースクラブカードのポイントをマイルに移行する際のレートが悪化
  • ANAマイルは今回の改悪対象外
  • マイル年間移行上限数が20,000~40,000マイル増加(ANA以外)

ダイナースクラブカードのポイント→マイル移行レート改悪に伴う今後の対策は?

ダイナースクラブカードのポイントをマイルに移行する際の改悪についてご紹介してきました。

この改悪の影響を受けないために、また今後出来る対策について確認していきましょう。

お手持ちのポイントは2020年1月までにマイルに移行しておく

当たり前のことですが、ポイントをマイルに移行する予定のある方は、2020年1月までに申請しておきましょう。

そうすれば、今回の改悪の影響を受けず、1:1のレートでポイントをマイルに移行することが可能です。

マイル年間移行上限のサイクルに注意

年間移行上限マイルの集計数は2月1日~翌1月31日がサイクルとなります。

そのため、2019年中にあわてて移行する必要はありません。

2020年1月のダイナースクラブカードのポイントが付与されてからマイルに移行するのが、一番ポイントを無駄にせず移行できるスケジュールとなります。

マイル還元率が良好なサブのクレジットカードを保有する

先日のポイント制度改悪に続き、今回のマイル移行レート改悪によって、ダイナースクラブカードを「マイルを貯めるメインカード」として運用していくには、少し厳しい状況となってきました。

そこでおすすめしたいのが、SPGアメックスカードです。

関連記事
SPGアメックスカードのポイントをお得に使うなら断然○○!

以前の記事では、SPGアメックスカードの活用方法や特典をご紹介しました。 今回の記事では、貯めたポイントをお得に使う方法をご紹介します。 SPGアメックスカードのポイントの価値は? SPGアメックスカ ...

続きを見る

次の章で、ダイナースクラブカードとSPGアメックスカードを比較し、サブカードとして保有するメリットをご紹介します。

マイル還元率最大1.25%!SPGアメックスカードを保有する3つのメリット

まずはダイナースクラブカードとSPGアメックスカードのスペックを簡単に比較してみましょう。

ダイナースクラブカード

 

SPGアメックスカード

年会費 22,000円+消費税 31,000円+消費税
マイル還元率 0.5~1% 1%~1.25%(※)
マイル移行可能航空会社数 5 44
マイル移行手数料 年間6,000円+消費税 無料
マイル移行上限 年間40,000~140,000マイル 実質無制限

※ニュージーランド航空・ジェットブルー航空を除く

表で比較すると、マイル移行の利便性は圧倒的にSPGアメックスカードに軍配が上がります。

唯一SPGアメックスカードは年会費が高額というデメリットがありますが、簡単に年会費の元はとることが出来ます

2年目以降年会費を支払ってカードを更新すると、マリオットボンヴォイ系列のホテルに無料で宿泊できるサーティフィケートが付与されます。(最大50,000ポイントまでのホテル)

こちらを利用し、31,000円+消費税以上の通常料金のホテルを予約してしまえば、それだけで年会費分をペイ出来ることになるというわけです。

関連記事
SPGアメックスカードはお得すぎる特典満載!ホテル利用の強い味方

2018年、SPG、マリオット 、リッツカールトンが合併し、名実ともに世界一となったホテルグループ。 そのグループホテルを利用する際に様々な恩恵を受けることの出来るSPGアメックスカード。 筆者もメイ ...

続きを見る

年に1度でもマリオット系列のホテルに宿泊する予定がある方でしたら、年会費分を使いこなせるかの心配は不要ですね。

それでは、SPGアメックスカードをサブカードとして利用するメリットを3つご紹介します。

メリット①ダイナースクラブカードと比較し、マイル移行可能航空会社数が非常に多い

SPGアメックスカードで貯めたポイントは44社の航空会社のマイルに移行が可能です。

その中には、ダイナースクラブカードのポイントを移行可能な5社すべての航空会社が含まれています

さらに、日本人としてなじみの深い日本航空(JAL)のマイルにもポイントを移行出来ます。

SPGアメックスカードは、ANAとJALの両方のマイルを同時に貯めることの出来る、非常に希少なクレジットカードです。

メリット②最大1.25%と、SPGアメックスカードはマイル移行レートが良い

SPGアメックスカードのポイントは100円につき3ポイント(付与率:3%)貯まります。

貯めたポイントは、3:1のレートでほとんどの航空会社のマイルに移行が可能です。(還元率:1%)

さらに、一度に60,000ポイントをマイルに移行することで、5,000ボーナスマイルを獲得できるため、最大で1.25%のマイル還元率となります。

メリット③年間マイル移行上限がなく、移行手数料も無料

ダイナースクラブカードのポイントをマイルに移行するためには、カード年会費とは別に6,000円+消費税のダイナースグローバルマイレージに登録する必要があります。

マイル移行の都度に手数料は不要ですが、マイルを一切移行しない年でも、ダイナースグローバルマイレージに登録している限り費用が発生し続けます。

一方、SPGアメックスカードはマイル移行の際の手数料等は一切不要となり、さらにすべての航空会社において年間移行上限マイル数は実質無制限です。(※1日あたりの移行上限は240,000ポイント)

ダイナースクラブカードの改悪が続くなか、SPGアメックスカードは貯めたポイントをマイルに移行する場合の心強いサブカードであると言えますね。

まとめ

ダイナースクラブカードのポイント制度改悪に続き、マイル移行制度にも大きな改悪がなされました。

短期間に大きな改悪が続いています。

改悪点のポイント

  • マイル移行の改悪は2020年2月1日から
  • マイルに移行する際のダイナースクラブカードの必要ポイント数が倍増
  • ANAのマイルは今回の改悪対象外
  • 複数の航空会社のマイルをためるなら、SPGアメックスカードがおすすめ

現状で出来る対策としては、ひとまず貯めたポイントを2020年1月までにマイルに移行しておくことです。

今後はマイルに移行する際の必要ポイント数が倍になりますので、うまくクレジットカードを使い分け、少しでもお得にマイルを貯めてくださいね。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
OSA

OSA

20代後半の会社員。ブライダル業界でホスピタリティに触れ合った経験から、自身の生活にも「ホスピタリティ」や「クオリティ」を求めるようになる。 所有クレジットカードは20枚以上で、普段の生活から頻繁に使える特典や、さらにはちょっとラグジュアリーな非日常体験をするためクレジットカードを日々活用。 趣味の旅行をする際に真価を発揮する航空系やホテル系のクレジットカードをメインに使用。 さらにクレジットカードポイントや付帯サービスの最大限有効活用し、「賢くお得に豊かな人生を」がモットー。

-ダイナースクラブカード

Copyright© クレジットカードのおすすめ情報サイト|クレセツ , 2020 All Rights Reserved.