楽天カード

楽天カードの利用明細を確認するのは有料?無料で確認できる方法をご紹介します!

2018年11月21日

以前よりクレジットカードを使っている人にとって、毎月のカードの利用明細は「無料で郵送されてくるもの」と思っている人も多いと思います。

楽天カードに初めて登録して、郵送されてきた利用明細を確認したまでは良かったのですが、よくよく確認すると「明細書発行費用82円」が請求されていることが!

実は楽天カードの利用明細の郵送に関しては、何もしないと有料で郵送されるように設定がされているため注意が必要です。

楽天カードの会員規約第12条5項に書いてあります。
以下が楽天カードの会員規約になります。
https://www.rakuten-card.co.jp/agreement/card_member/

では、楽天カードの利用明細を確認するのは毎回有料になってしまうのでしょうか。

楽天カードの利用明細を確認する方法は4種類あり、無料で確認できる方法もあります。
以下でご紹介いたします。

スポンサードリンク

スポンサーリンク

楽天カードの明細を確認する方法

WEBの「楽天e-NAVI」の他に「楽天カードアプリ」「お知らせメール」と、冒頭でお話しした「はがきまたは封書での郵送」が利用できます。

インターネットで確認できるものは全て無料で利用でき、か郵送に関してのみ費用が発生いたします。
それぞれの利用方法をメリットとデメリットを交えてご紹介します。

楽天カードの利用明細はどのようにして見るの?紙の明細はもらえる?

まず、楽天カードの利用明細を確認する一番基本的な方法が「楽天e-NAVI」と言われるWEB明細サービスです。

https://www.rakuten-card.co.jp/e-navi/

利用のためには楽天会員に登録し、ログインした後、「WEB明細サービスへの登録」が必要になります。
つまり、楽天e-NAVIのWEB明細サービスへの登録をしないと、毎月82円かかって郵送されてきてしまいます。

楽天e-NAVIに登録する

楽天e-NAVIではカードの「利用明細」「毎月の請求金額」「現在の利用可能額」を確認することができます。利用料金は無料で、パソコンとスマートフォンのどちらからでも利用が可能です。

WEB明細サービスへの登録の手続きそのものは簡単ですので、まず楽天カードに申し込んだら最初に登録だけは済ませてしまいましょう。

登録時にはカード番号が必要になりますので、手元に楽天カードを用意しておきましょう。

楽天カードの明細を印刷・ダウンロードする方法は

楽天カードのWEB明細サービスを利用している場合、明細書をパソコンの楽天e-NAVI上で印刷することができます。また、CSVファイルにてダウンロードすることができます。
ただし、スマートフォンでは利用できません。

利用明細画面の右下に「印刷」「CSV」の2種類のボタンがありますので、そちらをクリックすることによって、利用明細を紙に印刷することができたり、CSVファイルによってパソコンに保存できます。

確定申告をするためにどうしても紙の明細書が必要な場合などは紙の印刷機能を利用し、自分の管理として明細を保管しておきたい場合はCSVでの保管をしておくのが良いでしょう。

 

楽天カードの明細をアプリで見るには

楽天カードの明細はスマートフォンの場合、「楽天カードアプリ」で確認することができます。
iOS・Androidのスマートフォンどちらでも利用することが可能です。

アプリは無料でダウンロードすることができ、指紋認証、顔認証などの生体認証機能にも対応しているため安心です。

また、重要なセキュリティ部分を確認する際に必要な第2パスワードも生体認証が使えるため、いくつもの複雑なパスワードを覚える必要がなく大変便利です。

また、この楽天カードアプリは街のお買い物での利用でも楽天スーパーポイントが利用できます。会計時にレジに提示するだけで、楽天ポイントを使ったり貯めることができます。

楽天カードアプリは、iPhoneは「AppStore」から、Androidは「GooglePlay」からダウンロードできます。

 

楽天カードの明細はメールでも届く

楽天カードの明細をメールで受け取ることもできます。

「速報版・カード利用のお知らせ」と通常の「カード利用のお知らせ」の2種類があります。速報版は、利用した店舗から楽天カードにデータが送られた翌日に送信されます。

万が一自分が利用した覚えのない不正利用などがあった場合はこの機能は大変便利ですね。
その2日後には通常版のお知らせが送られてきますので、見逃すこともなく安心です。

ただし、速報盤と通常盤の2回メールが送られてくることによって混乱してしまうケースや、楽天カード以外にも色々メールを受信したりしていると埋もれてしまったりして、確認を見落としてしまうこともあります。

そのため毎月の利用明細をメールだけに頼るというのはあまりおすすめできません。

楽天カードの明細はどうしても郵送で確認したい

楽天カードの利用明細をどうしても郵送で欲しいという場合は、WEB明細サービスの解除手続きをする必要があります。

楽天カードの登録し、初回に設定する場合は、もともと郵送で利用明細が送付されるように設定されていますのでこの手続きは不要になります。

ただし、明細の郵送には毎月82円の郵送料金がかかります。ただし楽天ゴールドカード・楽天プレミアムカード・楽天ビジネスカード・楽天ブラックカードの会員に関しては郵送料金は無料です。

 

楽天カードの締め日と請求日は

楽天カードの締め日は、毎月月末締め、請求日は翌月の27日になります。27日が金融機関が休業日の場合は、翌営業日に後ろ倒しになります。

ただし、楽天市場で買い物した時に楽天カードを利用した場合は締日が変わってきます。
締日は毎月25日です。街でのショッピング利用と締日が違うので注意しましょう。

つまり楽天市場で26日~月末までにカードを使った場合は、2ヶ月後の27日が請求日になります。

 

楽天カードの明細の反映時間はどのくらい?

楽天カードを利用した金額が利用明細に反映されるのはリアルタイムではありません。

お店からの利用情報が楽天カードに送られたのちに明細に反映されるため、すぐに反映される場合もあれば、時間がかかる場合もあります。

お店によってこの時間は変わってきますので、どうしても確認をしたい場合はお店にタイミングを確認するのが間違いないでしょう。

楽天e-NAVIの利用明細は毎月12日頃に更新されています。
確定した利用明細を確認したい場合は毎月12日以降に確認しましょう。

 

楽天カードの明細は過去どのくらいまで見られる?

楽天e-NAVIでは「過去13ヵ月」の利用代金明細を確認することができます。

通常のケースであれば1年以上前の明細を確認することはあまりありませんが、14ヵ月以上前の利用明細は楽天カードの問い合わせをしても確認することができませんので、心配な場合は定期的に明細を保存して、確認できるようにしておきましょう。

 

楽天カードの明細確認まとめ

楽天カードの利用明細を確認する方法は、基本は「WEB上で無料で確認すること」になります。

もし、確定申告などで書類を提出する必要がある場合は。WEB明細の印刷機能を利用しましょう。

そのためには、楽天e-NAVIのWEB明細サービスへの登録が必須になりますので、楽天カードを申し込んでカードが届いたら、まずはWEB明細サービスの登録手続きを済ませてしまうことをおすすめいたします!

楽天の公式サイトに明細に関するQ&Aがございますので、そちらもご確認ください。
楽天カードの利用明細に関するQ&A

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
F-case

F-case

鎌倉のフリーライターF-caseです。クレジットカードを利用するメリット・デメリット、そして疑問点などを「利用者目線」から解説いたします。 電子マネーやスマートフォン決済などのキャッシュレス化がますます進んでいく中で、どれだけお得にクレジットカードを利用できるかをギリギリまで追求していきます。

-楽天カード
-,

Copyright© クレジットカードのおすすめ情報サイト|クレセツ , 2020 All Rights Reserved.