楽天カード

飛行機に乗らずにマイルを貯める?楽天カードを使って陸マイラーになろう!

飛行機に乗る際に、ANAやJALのマイレージカードを持っていれば貯めることのできるマイル。多くのマイルを貯めることで、高額な航空券と交換することもできてしまいます。

ただ、あまり飛行機に乗ることのない方にとってはマイルは非常に貯めづらいもの。そこで、本記事では飛行機に乗らずに楽天カードを利用してANAマイルを効率的に貯める方法をご紹介していきます。

いざ旅行に行くという時にマイルが貯まっていれば、大きな節約をすることもできるため、いつか飛行機に乗って旅行に行きたい!と考えている方は是非ご覧ください!

スポンサーリンク

楽天カードはANAマイルを貯めるカードとしても有能!

マイルというと飛行機に乗ったりANAカード/JALカードを利用して貯める、という印象が強いですが、実はANAに関係ない楽天カードを利用して効率的に貯めることもできます。

よく飛行機に乗らずクレジットカードの利用のみでマイルを貯める方を総称して「陸マイラー」と呼びますが、ここで紹介する方法はまさに陸マイラーの貯め方。では楽天カードでどのように貯めることができるのか、早速見てみましょう。

0.5%という高還元率で効率的に獲得

楽天カードでANAマイルを獲得する方法とは、カード利用で貯まる楽天スーパーポイントをANAマイルへ交換するというもの。他のカードでも同じようにANAマイルを獲得することはできますが、マイル還元率は0.3%前後とあまり高くはありません。

その点、楽天スーパーポイントは2ポイント=1ANAマイルという高レートであり、100円につき1ポイントが貯まるポイントプログラムによって0.5%のANAマイル還元率が実現します。

例えば、毎月4万円程度のカード利用がある場合、毎月200ANAマイルが貯まるという計算になりますね。

さらに、楽天カード提携店舗でのカード利用では2倍のポイントが貯まるため、主に提携店舗で利用するのであれば1%という高還元率を保つこともできます。

楽天ANAマイレージカードを選ぶのはアリ?

楽天は、楽天カードの他にANAマイレージが付帯した「楽天ANAマイレージカード」というものも提供しています。こちらはANAマイルを貯める用の楽天カードとなっていますが、その実態はあまり楽天カードとは変わりません。

  • ANAマイルコース(カード利用で0.5%分のANAマイルが貯まる
  • 楽天スーパーポイントコース(カード利用で1%の楽天スーパーポイントが貯まる

このような2つのコースが用意されていますが、還元率が通常の楽天カードと全く同じということがわかりますね。ANAマイルへの交換手続きが必要ないという魅力はありますが、それほど大きなメリットとは言えません。また、カード利用で無料になることで実質無料ではありますが、一応540円の年会費が必要となるというデメリットも見られます。

ただし、ANAマイレージモールを通して楽天市場を利用した場合には0.5%分のANAマイルと1%分の楽天スーパーポイントを貯めることができます。

基本的に楽天カードとして利用し、楽天市場を利用するさいに少しづつANAマイルも貯めていきたいという方は、こちらを選ぶという選択肢もありそうです。

ANAカードでいいのでは?楽天カードでマイルを貯めるメリット

ここまで楽天カードでANAマイルを貯める方法についてご紹介してきましたが、とはいえ「やはりANAカードで貯めた方がいいのでは?」と思う方もいるでしょう。もちろんそれでも効率的にマイルを貯めることができます。

ただ、楽天カードでANAマイルを貯めるということにも充分メリットはあります。次に、楽天カードでANAマイルを貯めることのメリットについてご紹介していきます!

自分のペースで多くのマイルを貯めることができる

今では様々な種類のポイントがありますが、中には有効期限が定められているものも多く見られます。例えば、ANAカードを利用して貯まるポイントは「ワールドプレゼント」というもの。ANAカードでマイルを貯める際にはこちらのポイントをANAマイルへ交換する必要があります。

しかし、ワールドプレゼントポイントには3年という有効期限があり、3年を過ぎると貯まっているポイントが失効してしまうことに。最大でも3年間しかポイントを貯めることができず、マイルを貯めるのにも限度ができてしまいます。

その点、楽天スーパーポイントには以下の画像のような「カード利用した日から1年」という有効期限が定められています。

つまり、実質無期限でポイントを貯めることが可能ということですね。自分のペースで長期的に多くのポイントを貯め、好きな時にマイルへ変更できるというのは大きな魅力です。

提携店で利用することでANAカードと変わらない還元率に

ANAカードでマイルを貯める際のマイル還元率は最大1%と楽天カードの2倍となっています。これだけを見ると、やはりANAカードの方が効率的に貯めることができると考えてしまいますよね。

しかし、クレジットカードは提携店舗での利用で還元率が上がります。楽天カードも同様に、楽天カード提携店舗で利用することでポイント還元率が2倍に。ANAマイル還元率は0.5%ですので、主に提携店舗で利用するということであればANAカードと同等の1%という還元率を生み出すことができます。

ANAカード以外で1%以上のマイル還元率を誇るカードはあまり見られないため、カード利用でマイルを貯めるのに楽天カードは適していると言えるでしょう。

移行手数料が無料でお得にマイルへ還元

ANAカードで貯まるワールドプレゼントポイントをANAマイルへ交換する際には、「5マイルコース」「10マイルコース」という2つのコースからどちらかを選択する必要があります。

先ほどいったANAカードでの最大マイル還元率は1%というのは、この10マイルコースを選択した場合ということですね。しかし、10マイルコースでは移行手数料が毎年6,000円必要に。その点楽天カードは移行手数料無料で最大1%まで上げることができるというメリットがあります。

また、ゴールド以上のカードであれば10マイルコースを無料で選択することもできますが、その場合カード自体の年会費が掛かってしまいますよね。これらのことから、「手軽に」「コストを掛けずに」マイルを効率的に貯めるという点で、楽天カードでのマイル貯蓄はおすすめできます。

楽天カードでANAマイルを貯める際に気を付けたいこと

では最後に、楽天カードでANAマイルを貯めようと考えている方に向けて、注意しておくべき点についてご紹介していきます。確かに楽天カードでマイルを貯めるのはおすすめできるのですが、知らなければ獲得を予定していたマイルを逃してしまう結果になることも。

ここでは4点の注意点を見ていきますので、楽天カード発行前に確認しておきましょう!

楽天スーパーポイントは50ポイントから交換可能

楽天スーパーポイントは公式サイトにて「2ポイント→1マイル」と表記がされていますが、2ポイントから交換できるというわけではありません。あくまでこれはレートの話であり、交換可能なポイントは「50ポイント以降2ポイント単位」です。

そのため、少しだけ余ってしまったポイントをマイルへ移行するというのは、あくまで50ポイント以上ある場合しかできないということですね。

JCBカードのOkiDokiポイントのように1ポイント単位で交換できるものもありますが、楽天カードはそのようなシステムではないということを頭に入れておきましょう!

ANAマイルへの交換には数日掛かる

楽天スーパーポイントをANAマイルへ交換する手続きを終えたからといって、すぐにANAマイルが手に入るかといったらそうではありません。基本的に交換手続きに要する時間は約1週間程度。土日などを挟むのであればもう数日掛かることもあります。

そのため、楽天スーパーポイントを交換した上で航空券をマイルで購入する場合には、1週間以上前から準備しておかなければならないということですね。せっかく貯めたポイントも、購入日までに交換が間に合わなければ勿体ないです。10日を目途に、前もって交換手続きをしておくようにしましょう。

交換の上限は一回に付き1,000ポイントまで

本記事では「自分のペースで長期的にポイントを貯めてマイルへ交換できる」ということを紹介しましたが、貯まったマイルを一度に交換できるわけではありません。

この点は見逃してしまいがちなのですが、実は1度の交換には最大1,000ポイントという上限が設定されています。交換手続きに要する時間を考えると月に4,5回の交換しかできないため、最大でも1ヵ月に2,000~2,500ANAマイルしか獲得できないということになりますね。

公式サイトには上記画像のように記されていますが、月に20,000ポイントを交換するのには少し無理がありそうです。大体5,000マイル程度から航空券と交換できるということを考慮すると、2ヵ月以上前から定期的にポイントを交換する必要があるでしょう。

期間限定ポイントはANAマイルへ交換できない

最後の注意点は、「期間限定ポイントはANAマイルへ交換できない」ということ。楽天のポイントは大きく「通常ポイント」「期間限定ポイント」に分かれます。期間限定ポイントというのは、いわゆる入会プレゼントのようなキャンペーン等で獲得できるポイントであり、8,000ポイントなど多くのポイントを貰うことができます。

このキャンペーンで大量にもらったポイントをマイルへ交換しようと考えている方は、それは不可能となっているため注意が必要!あくまでショッピング等で貯めたポイントが対象となっています。

また、合わせて「他のポイントから交換された楽天スーパーポイント」もANAマイルへの移行ができないものとされているため、合わせて覚えておきましょう。

まとめ

本記事では、楽天カードを使ったANAマイル獲得についての方法やメリット等をご紹介してきました。なかなか飛行機に乗る機会がない、また貯まった楽天スーパーポイントの使い道に困っている方などがいましたら、是非参考にしてみてください!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
staff11

ぴくろ

東北出身の24歳フリーライター。ウェブコンテンツ制作に興味があり大学卒業後は内定を蹴りフリーランスとして活動。 クレジットカードや海外でのお金に関する話などを主に手掛けています。 将来的にサイトの運営や投資などの活動を目指して奮闘中。

-楽天カード

Copyright© クレジットカードのおすすめ情報サイト|クレセツ , 2019 All Rights Reserved.