ラグジュアリーカード

違いは何?!ラグジュアリーカードのチタン・ブラックを徹底比較

ラグジュアリーカードには3種類の券種が存在します。

筆者はチタニウムカード(通称:チタンカード)を保有していますが、発行に至るまでに

自分にピッタリのラグジュアリーカードはどれだろう…

と、券種選びにかなり悩んだことを覚えています。

今回の記事では、ラグジュアリーカードの種類の違いについて詳しくご紹介します。

ラグジュアリーカードの発行を検討されている方は、是非参考にしてみてください。

スポンサーリンク

ラグジュアリーカードの種類による3つの大きな違い

3種類のラグジュアリーカードには、大きく分けて3つの違いがあります。

チタン・ブラック・ゴールドの全3種類の金属製クレジットカード!

違いを説明する前に、まずは3種類のラグジュアリーカードについて簡単にご紹介いたします。

ラグジュアリーカードには、チタンブラックゴールドの3種類が存在しています。

  • TITANIUM CARD(チタニウム/チタンカード)
  • BLACK CARD(ブラックカード)
  • GOLD CARD(ゴールドカード)

3種類のラグジュアリカードはすべて金属製となっており、重厚感・高級感が漂います。

チタンカードおよびブラックカードは申込制のクレジットカードとなり、誰でも申し込むことが可能です。(別途審査あり)

ただし、ゴールドカードに関しては招待制のクレジットカードとなります。

チタンカード・ブラックカードを使い続けることで実績をため、インビテーションを待つ必要があります。

そのため、今回の記事では申込制であるチタンカードとブラックカードを主に比較してご紹介していきます

その① ラグジュアリーカードの年会費は5万円~10万円

チタンカードとブラックカードの大きな違いの1つ目は年会費です。

ラグジュアリーカードの年会費

  • チタンカード

年会費:50,000円+消費税

家族カード:15,000円+消費税

  • ブラックカード

年会費:100,000円+消費税

家族カード:25,000円+消費税

ブラックカードの年会費は、チタンカードの年会費のちょうど倍に設定されています。

後に詳しく説明しますが、年会費が高いブラックカードの方には、より多くの特典が付帯します。

つまり、ブラックカードにのみ付帯する特典やポイント還元率に、年会費の差額である50,000円+消費税の価値を見いだせるかどうかが、ラグジュアリーカードの券種を選ぶ際のポイントとなるわけです。

ちなみにゴールドカードの場合…

招待制のゴールドカードの年会費は200,000円+消費税

その② カードランクに応じてポイント還元率が異なる

ラグジュアリーカードは、種類によってポイントの還元率が異なります。

ラグジュアリーカードのポイント還元率

  • チタンカード

ポイント還元率:1%

  • ブラックカード

ポイント還元率:1.25%

※ポイントをキャッシュバックに利用した際の還元率

チタンカードとブラックカードでは、ポイント還元率に0.25%の差があります。

月間決済額 年間還元ポイントの差額
50,000円 1,500円
100,000円 3,000円
150,000円 4,500円
200,000円 6,000円
250,000円 7,500円
300,000円 9,000円

仮にブラックカードを保有し、ポイントの還元率だけでチタンカードの年会費との差額である50,000円+消費税分をまかなおうと考えた場合、月間約183万円決済する必要があります。

メインカードとして相当額を決済する方以外は、ポイントの還元率の差はそこまで気にする必要はないかもしれません。

なお、ラグジュアリーカードのポイントに関しては以下の記事で詳しくご紹介しています。

関連記事
ラグジュアリーカードのポイントを徹底分析!お得な使い方はズバリ〇〇!

クレジットカードには、年会費無料のものから、数十万円の年会費がかかるかわりに数多くの特典が付帯するものまであります。 どんなクレジットカードを使うにせよ、貯まるポイントは少しでもお得に使いたいものです ...

続きを見る

ちなみにゴールドカードの場合…

ポイント還元率は1.5% (ポイントをキャッシュバックに利用時)

その③ 特典やサービスは、共通のものと上位カードにのみ付帯するものがある

ラグジュアリーカードの種類による最後の違いは、付帯する特典です。

ポイント還元率に関してはそこまで大きな差がなかったのに対し、付帯する特典の差はかなり大きなものとなっています。

次の章で、付帯する特典の違いについて詳しくご紹介します。

ポイント

  • ブラックカードとチタニウムカードの年会費の差は50,000円+消費税
  • ポイント還元率の差は0.25%(ポイントをキャッシュバックに利用した場合)
  • 上位のブラックカードにのみ付帯する特典がある

プラチナカードクラスのブラックカードにのみ付帯するラグジュアリーカード特典は

ラグジュアリーカードは年会費が高額になるほど、付帯する特典も豪華になります。

当然、チタンカードよりもブラックカードに付帯する特典の方が充実しているということになります。

ここからは、ブラックカードにのみ付帯する特典を確認していきましょう。

高級レストランに片道送迎!ラグジュアリーリムジン

ブラックカードには、ラグジュアリーリムジンという特典が付帯します。

ラグジュアリーリムジンとは

指定のレストランをラグジュアリーカードコンシェルジュ経由で予約した際、レストランまでの往路送迎を無料で利用可能になるサービス。

いきなりゴージャスな特典の登場です。対象レストラン数は、2019年12月現在以下の通りです。

  • 関東:30軒
  • 東海:2軒
  • 関西:24軒

リムジンはカード会員を含め最大4名まで利用可能なので、会食やデートでの利用が可能です。

ちなみにゴールドカードの場合…

  • リムジンを利用する際、往路か復路のどちらかから選択可能
  • 海外のレストラン(14軒)でレストランまでの往路送迎も利用可能

STREAMER COFFEE COMPANYにてLUXURY TEEが毎月1杯無料

ダイニング関連の特典が続きますが、2019年12月から、新たな特典が追加されました。

ブラックカードにはSTREAMER COFFEE COMPANYで月に1杯、LUXURY TEE(通常税込550円)が無料になる特典が付帯します。

対象店舗

  • SAPPORO STELLAR PLACE(札幌ステラプレイス)
  • SHIBUYA (渋谷)
  • HARAJUKU (原宿)
  • KAYABACHO (茅場町)
  • NAKAMEGURO (中目黒)
  • SETAGAYA DAITA STA. (世田谷太田駅)
  • HIGASHIKITAZAWA STA. (東北沢駅)
  • NAGOYA SAKAE (名古屋栄)
  • SHINSAIBASHI (心斎橋)
  • KOBE HARBORLAND (神戸ハーバーランド)
  • MODI SHIBUYA (渋谷 モディ)
  • GAIENMAE (外苑前)
  • ROPPONGI (六本木)
  • GIFU TAKYAMA (岐阜高山)

首都圏に店舗が集中しているため、周辺にお住まいの方や、仕事で訪れることが多い方にとってはありがたい特典といったところでしょうか。

ちなみにゴールドカードの場合…

LUXURY TEEがいつでも1杯無料(月1回の制限なし

ハワイアン航空の上級会員資格「Pualani Gold」が自動付帯

ブラックカードは、保有するだけでハワイアン航空の上級ステータスであるPualani Goldが自動付帯します。

これは通常、ハワイアン航空を利用して、

  • 30区間の利用
  • 20,000マイル獲得

のいずれかの条件を満たした場合のみ付与されるステータスです。

Pualani Goldの主な特典

  • マイル利用ブラックアウト期間なし
  • Hold a fare(チケット仮押さえ)可能
  • 優先チェックインライン利用
  • プレミアムクラブアクセス
  • 受託手荷物2つ無料
  • 機内優先搭乗案内
  • 北米国際線での座席無料アップグレード

残念ながら日本人の利用がいちばん多いであろう、日本⇔ハワイ路線は無料アップグレードの対象外ですが、上級会員ならではの特典が数多く付帯します。

ちなみにゴールドカードの場合…

ハワイアン航空最上級のPualani Platinumが付帯。

一部ファーストクラスを含む無料アップグレードが可能に。

ラグジュアリーカードコンシェルジュに初回メール依頼が可能

すべてのラグジュアリーカードには、24時間365日電話対応のコンシェルジュサービスが付帯します。

さらにブラックカードの場合、初回からメールでの依頼が可能となります。

チタンカード

ブラックカード

初回の依頼 電話のみ 電話 or メール
依頼の返答およびその後のやり取り 電話 or メール 電話 or メール

電話が苦手な方だったり、忙しい合間にささっとメールで依頼したい場合はブラックカードが便利です。

ラグジュアリーカードのコンシェルジュサービスに関しては、以下の記事で詳しくご紹介しています。

関連記事
ラグジュアリーカードのコンシェルジュが秀逸な4つの理由

プラチナカード以上のクレジットカードには、カードコンシェルジュと呼ばれるサービスが付帯する場合があります。 レストランや旅行、ギフトの手配など煩わしい作業を代行してくれたり、豊富な知識や経験を活かして ...

続きを見る

なお、コンシェルジュサービスはブラックカード、ゴールドカード同一の内容となります。

Farfetchロイヤルティプログラムの上級会員資格「Platinum ステージ」が付帯

ブラックカードには、さまざまなファッションブランドを取り扱う通販サイトであるFarfetchのPlatinum ステージが付帯します。

通常、年間75万円以上購入した際に付与される会員資格となります。

Platinum ステージの主な特典

  • 1年間送料無料
  • ウェルカム&アニバーサリーギフト進呈
  • 会員限定のシークレットセール
  • 問い合わせの優先サポート
  • 返品期間の延長

Farfetchは筆者も何度か利用していますが、国内未入荷のブランド品等を購入する際には非常に便利です。

ちなみにゴールドカードの場合…

Farfetch最上級のPrivate Clientが付帯。

限定商品のプレオーダーやパーソナルスタイリングサービスを利用可能。

国立美術館の企画展に無料で入場可能

ラグジュアリーカードには、国立美術館を無料で鑑賞することの出来る特典が付帯しています。

1年を通して楽しむことの出来る所蔵作品展に加え、ブラックカードの場合は企画展の入場も無料となります。

特典対象の国立美術館

  • 東京国立近代美術館 (竹橋)
  • 国立新美術館 (六本木)

企画展の期間中は、金曜日限定で1回まで会員と同伴者1名無料で入場が可能です。

ちなみにゴールドカードの場合…

国立美術館の企画展が、期間中いつでも1回まで入場無料(曜日指定なし)

全国映画館優待を月2回まで利用可能

ラグジュアリーカードには、全国映画館優待という特典が付帯しています。

関連記事
映画鑑賞が毎月無料に!驚きのラグジュアリーカード映画特典

皆さんはよく映画館に行かれるでしょうか。 クレジットカードには、映画鑑賞をお得に楽しむ特典が付帯している場合があります。 今回は、ラグジュアリーカードに付帯する映画特典について詳しくご紹介いたします。 ...

続きを見る

毎月TOHOシネマズで映画が無料鑑賞可能という、普段使いにピッタリな特典です。

チタンカードは月1回まで利用可能なのに対して、ブラックカードの場合月に2回まで無料鑑賞可能となります。

ちなみにゴールドカードの場合…

月3回までTOHOシネマズにて映画を無料鑑賞可能。

ラグジュアリーカードを発行するなら、チタンorブラックのどっち!?

ブラックカードにのみ付帯する特典の数々をご紹介してきました。

それを踏まえ、ここからは実際に筆者が選んだチタンカードを選んだ理由をご紹介します。

理由その① 筆者は関西在住だから

チタンカードを選んだ大きな理由として、自分が関西に住んでいるということがあります。

前章でご紹介したブラックカード限定特典をご覧いただいても分かるように、その多くは関東・首都圏で利用可能となっています。

もちろん関東・首都圏以外でも利用可能な特典は付帯していますが、それらに年会費の差額である50,000円+消費税の魅力を感じなかったというのが正直な感想です。

なお、今まで東京限定で開催されていたラグジュアリーソーシャルアワーも、この度期間限定で大阪で楽しむことが出来るようになりました。

それに伴い、大阪開催のコンラッド 大阪のみ、チタンカード会員も特典の利用が可能となっています。

詳しくは以下の記事をご覧ください。

関連記事
高級ホテルでお得にシャンパンを!ラグジュアリーカードのソーシャルアワー特典

ラグジュアリーカードには数多くの特典が付帯しています。 今回の記事では、高級ホテル等でお得にワインやシャンパンのテイスティングを楽しむことの出来る、ラグジュアリーソーシャルアワーについてご紹介いたしま ...

続きを見る

理由その② ゴールドカードのためのインビテーションは筆者にとって不要だったから

この記事内でご紹介している通り、ゴールドカードの取得にはインビテーションが必要となります。

インビテーションの取得条件は公開されてはいませんが、通常は利用実績(カード利用金額、期間、延滞の有無など)に基づいて発送されます。

当然、チタンカードを利用して実績を貯めるよりも、上位ランクのブラックカードを利用する方がインビテーションを受け取れる可能性は高まります。

いずれはゴールドカードの取得を目指したい!

と考えている方は、ブラックカードを発行しておくのが無難でしょう。

筆者の場合、ゴールドカードの発行予定はなかったため、チタンカードを発行したというわけです。

理由その③ 旅行・ホテル関係の特典はチタン・ブラック・ゴールド共通だから

筆者は、クレジットカードを選ぶ際に、旅行・ホテル関係の特典を重視します。

ラグジュアリーカードに付帯する旅行・ホテル関係の特典は、すべての券種で共通のものとなります。

ラグジュアリカードの主な旅行特典

  • グローバル ラグジュアリーホテル 優待
  • 国際線手荷物無料宅配
  • 海外手荷物配達サービス
  • The Ryokan Collection
  • CLASS ONE

チタンカードでもすべての旅行・ホテル特典が利用可能だったのも、券種決定の理由の1つです。

また、筆者の場合旅行特典は主にアメックスプラチナカードに付帯のものをメインで利用しています。

関連記事
アメックスプラチナカードの最初に登録すべき3つの特典

アメックスプラチナカードには、数々の特典が付帯します。 年会費は130,000円+消費税とかなり高額ですが、その分付帯する特典も非常に豪華です。 この記事では、アメックスプラチナカードを使い始める準備 ...

続きを見る

関連記事
アメックスプラチナカードの年会費は高額!元を取るために使うべき特典とは

アメックスプロパーカードの中には、アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カードという、ゴールドカードよりさらに1ランク上のカードが存在しています。 高額な年会費を誇るアメックスプラチナカードを使いこなし ...

続きを見る

関連記事
電話かネットか?!アメックスカードのファイン・ホテル・アンド・リゾートのオススメ予約方法

アメックスカードには、ファイン・ホテル・アンド・リゾートというホテルを予約する際に、さまざまな特典を享受することが出来るサービスがあります。 今回の記事では、ファイン・ホテル・アンド・リゾートで予約す ...

続きを見る

旅行・ホテル特典を最重視する方は、もっともお得なチタンカードがオススメというわけですね。

まとめ

ラグジュアリカードのチタンカードとブラックカードを比較してきました。

どちらの券種を選ぶかのポイントとしては、付帯する特典と年会費の差額を天秤にかけることです。

チタンカードがオススメなのは…

  • 関東・首都圏以外にお住まいの方
  • ゴールドカードの取得を検討していない方
  • 年会費を安く済ませたい方

ブラックカードがオススメなのは…

  • 関東・首都圏の施設で特典を活用できる方
  • ゴールドカードのインビテーションを取得したい方

特典と年会費の差をよく確認しながら、ご自身にぴったりのラグジュアリーカードを検討してみてくださいね。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
OSA

OSA

20代後半の会社員。ブライダル業界でホスピタリティに触れ合った経験から、自身の生活にも「ホスピタリティ」や「クオリティ」を求めるようになる。 所有クレジットカードは20枚以上で、普段の生活から頻繁に使える特典や、さらにはちょっとラグジュアリーな非日常体験をするためクレジットカードを日々活用。 趣味の旅行をする際に真価を発揮する航空系やホテル系のクレジットカードをメインに使用。 さらにクレジットカードポイントや付帯サービスの最大限有効活用し、「賢くお得に豊かな人生を」がモットー。

-ラグジュアリーカード

Copyright© クレジットカードのおすすめ情報サイト|クレセツ , 2020 All Rights Reserved.